「ジョン・ベイツ・クラーク賞」の版間の差分

Taro Yokoji (会話) による ID:59540561 の版を取り消し
(複数の問題を指摘)
(Taro Yokoji (会話) による ID:59540561 の版を取り消し)
'''ジョン・ベイツ・クラーク賞'''('''John Bates Clark Medal''')は、{{要出典範囲|[[1947年]]以降[[アメリカ経済学会]]が隔年で授与している[[経済学]]賞である。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|賞の名前は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]における[[近代経済学]]の創始者である[[ジョン・ベイツ・クラーク]]([[コロンビア大学]]教授、1895-1913)に因む。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|対象となるのは40歳以下のアメリカの[[経済学者]]であり、隔年(2010年から毎年)且つ生涯に一度しか受賞できない|date=2016年4月}}ことから、{{誰範囲2|アメリカの経済学者にとっては、ノーベル経済学賞より受賞が難しいとも言われている。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|2009年現在で、受賞者総数31名中12名(39%)が後に、ノーベル経済学賞を受賞していることから、数ある経済学賞の中でも最もノーベル賞に近い賞とされている。|date=2016年4月}}{{誰2|date=2016年4月}}{{要出典範囲|経済学における最高の賞の一つである。<!--大言壮語的では?-->|date=2016年4月}}<!--「〜といわれている」、「〜とされている」という記述は誰の発言かを明確にしてください。ウィキペディアのガイドライン「言葉を濁さない」に抵触します-->
{{複数の問題
|出典の明記=2016年4月
|脚注の不足=2016年4月
|独自研究=2016年4月
|大言壮語=2016年4月
}}
'''ジョン・ベイツ・クラーク賞'''('''John Bates Clark Medal''')は、{{要出典範囲|[[1947年]]以降[[アメリカ経済学会]]が隔年で授与している[[経済学]]賞である。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|賞の名前は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]における[[近代経済学]]の創始者である[[ジョン・ベイツ・クラーク]]([[コロンビア大学]]教授、1895-1913)に因む。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|対象となるのは40歳以下のアメリカの[[経済学者]]であり、隔年(2010年から毎年)且つ生涯に一度しか受賞できない|date=2016年4月}}ことから、{{誰範囲2|アメリカの経済学者にとっては、ノーベル経済学賞より受賞が難しいとも言われている。|date=2016年4月}}{{要出典範囲|2009年現在で、受賞者総数31名中12名(39%)が後に、ノーベル経済学賞を受賞していることから、数ある経済学賞の中でも最もノーベル賞に近い賞とされている。|date=2016年4月}}{{誰2|date=2016年4月}}{{要出典範囲|経済学における最高の賞の一つである。<!--大言壮語的では?-->|date=2016年4月}}<!--「〜といわれている」、「〜とされている」という記述は誰の発言かを明確にしてください。ウィキペディアのガイドライン「言葉を濁さない」に抵触します-->
 
{{要出典範囲|第1回受賞者の[[ポール・サミュエルソン]]以下、[[ミルトン・フリードマン]]、[[ゲーリー・ベッカー]]、比較的最近の例では[[ジョセフ・E・スティグリッツ]]、[[ジェームズ・ヘックマン]]といった面々が受賞している。|date=2016年4月}}
{{独自研究範囲|同賞受賞からノーベル賞受賞までの最短記録は、[[ケネス・アロー]]の15年で、最長記録は、[[ジェームス・トービン]]と[[ロバート・ソロー]]の26年である。平均は、22年である。[[ポール・サミュエルソン]]は、同賞(32歳)最年少受賞記録保持者である。<!--仮に全受賞者の受賞時年齢とノーベル賞受賞時年齢の出典があったとしてもこういった記述は独自研究に当たるおそれがあります(そもそも出典が皆無なのでそれ以前の問題ですが)-->|date=2016年4月}}<!--そもそもクラーク賞受賞者に占めるノーベル賞受賞率が100%でないのにノーベル賞受賞までの「平均」を論じることにどんな意味があるのか-->
 
2007年には、初の女性受賞者が誕生した。
{{独自研究範囲|2007年には、初の女性受賞者が誕生した。<!--仮に歴代受賞者と性別のリストが出典にあったとしてもこうした記述は独自研究のおそれがあります(そもそも出典が皆無なのでそれ以前の問題ですが)-->|date=2016年4月}}
 
== 受賞者一覧 ==
{{複数の問題
|section=1
|出典の明記=2016年4月
|脚注の不足=2016年4月
}}
名前のあとのカッコはノーベル経済学賞の受賞年
 
*{{要出典範囲|1947年- [[ポール・サミュエルソン]]|date=2016年4月}} ({{要出典範囲|1970年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1949年- [[ケネス・E・ボールディング]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1951年- [[ミルトン・フリードマン]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|1976年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1953年- 受賞者なし|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1955年- [[ジェームズ・トービン]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|1981年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1957年- [[ケネス・アロー]]|date=2016年4月}} ({{要出典範囲|1972年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1959年- [[ローレンス・クライン]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|1980年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1961年- [[ロバート・ソロー]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|1987年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1963年- [[ヘンドリック・ハウタッカー]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1965年- [[ツヴィ・グリリカス]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1967年- [[ゲーリー・ベッカー]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|1992年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1969年- [[w:Marc Leon Nerlove|Marc Leon Nerlove]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1971年- [[デール・ジョルゲンソン]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1973年- [[w:Franklin M. Fisher|Franklin M. Fisher]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1975年- [[ダニエル・マクファデン]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|2000年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1977年- [[マーティン・フェルドシュタイン]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1979年- [[ジョセフ・E・スティグリッツ]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|2001年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1981年- [[マイケル・スペンス]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|2001年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1983年- [[ジェームズ・ヘックマン]] |date=2016年4月}}({{要出典範囲|2000年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1985年- [[w:Jerry A. Hausman|Jerry A. Hausman]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1987年- [[w:Sanford J. Grossman|Sanford J. Grossman]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1989年- [[デイヴィッド・クレプス]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1991年- [[ポール・クルーグマン]]|date=2016年4月}} ({{要出典範囲|2008年|date=2016年4月}})
*{{要出典範囲|1993年- [[ローレンス・サマーズ]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1995年- [[w:David Card|David Card]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1997年- [[w:Kevin M. Murphy|Kevin M. Murphy]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|1999年- [[アンドレ・シュライファー]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2001年- [[w:Matthew Rabin|Matthew Rabin]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2003年- [[スティーヴン・レヴィット]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2005年- [[ダロン・アシモグル]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2007年- [[w:Susan C. Athey|Susan C. Athry]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2009年- [[エマニュエル・サエズ]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2010年- [[w:Esther Duflo|Esther Dufld]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2011年- [[w:Jonathan Levin (economist)|Jonathan Levin]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2012年- [[w:Amy Finkelstein|Amy Finkelstein]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2013年- [[w:Raj Chetty|Raj Chetty]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2014年- [[w:Matthew Gentzkow|Matthew Gentzkow]]|date=2016年4月}}
*{{要出典範囲|2015年- [[w:Roland G. Fryer, Jr.|Roland G. Fryer, Jr.]]|date=2016年4月}}
*2016年- [[w:Yuliy Sannikov|Yuliy Sannikov]]
 
== 関連項目 ==
匿名利用者