「イモビライザー」の版間の差分

m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(コード符号))
一部の[[損害保険]]会社では、この装備車を対象とした保険料の割引サービスも行っているが、一方で実際に車両が盗まれた場合に保険金の支払いを拒絶される事例が多発している。この場合、保険金支払いを受けるには契約者が自ら[[訴訟]]を提起しなければならず、長い時間と労力を要する。
 
2005年12月13日大阪地裁判決の事案<ref>{{Cite web|date=2005-12-19|url=http://response.jp/issue/2005/1219/article77468_1.html|title=イモビライザーがあってもクルマは盗める…裁判所が判断|publisher=Response.|accessdate=2011-05-05}}</ref>を例とすれば、[[2004年]][[3月21日]]に、[[奈良県]][[香芝市]]の男性が所有する[[ランドクルーザー]]が盗まれる事件が発生。これに対し、男性の契約する保険会社へ保険金(約500万円)の支払いを要求するが、[[被告]]の保険会社は「イモビライザーは解除不能であるから盗難は不可能なはずだ」と主張し、支払いを拒否したため、保険金の支払いを求める民事訴訟に発展した。
 
最終的には