「松前道広」の版間の差分

編集の要約なし
| 生誕 = [[宝暦]]4年[[1月17日 (旧暦)|1月17日]]([[1754年]][[2月8日]])
| 死没 = [[天保]]3年[[6月20日 (旧暦)|6月20日]]([[1832年]][[7月17日]])
| 改名 = 源助、外記、章広、幸広
| 別名 =
| 諡号 =
| 戒名 = 松吟院
| 墓所 = [[北海道]][[松前郡]][[松前町 (北海道)|松前町]] 大洞山法憧寺
| 官位 = [[従五位|従五位下]]、[[美作国|美作]][[国司|守]]、[[志摩国|志摩]][[国司|守]]
 
== 生涯 ==
宝暦4年(1754年)、7代藩主・[[松前資広]]の長男として生まれる。幼少より文武に優れ、派手好きで傲慢な性格であったという。父の死去に伴い、[[明和]]2年([[1765年]])10月11日、父資広の死去より、家督を相続する。同年12月15日、従五位下志摩守に叙任する。[[一橋治済]]、伊達家・島津家など反幕閣の人々と交友し、[[吉原遊廓|吉原]]の遊女を妾にするなど遊興費も多かった。そのため商人からの借金がかさんで藩政は窮乏、幾度も幕府から注意を受けたという。
 
対外的には強硬で、[[ロシア帝国|ロシア]]からの通商要請を拒否。[[寛政]]元年([[1789年]])には、[[国後島]]や目梨地方で起こった[[アイヌ]]の反乱([[クナシリ・メナシの戦い]])に[[新井田正寿]]・[[松井広次]]らを派遣して鎮圧した。寛政4年([[1792年]])に)10月28日、隠居し、長男章広に家督を譲った。
 
天保3年(1832年)、死去。