メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''山内 清男'''('''やまのうち すがお'''、[[1902年]] - [[1970年]])は、日本の[[考古学者]]。[[縄文土器]]研究の大家。日本[[考古学]]歴史で最も有名な考古学者の一人。
 
== 功績 ==
膨大な遺跡の[[発掘調査]]に裏打ちされた的確な視点により、日本全国の縄文土器[[型式学的研究法|型式]][[編年]]をほぼ完成させた。縄文土器の型式には「○×式」という名称が付いているが、その多くは山内が調査に関係した遺跡である。ちなみに、山内は「縄紋」と表記することにこだわっていた。
 
また、型式編年と並んで山内の偉大な業績のひとつに上げられるのが、「[[縄紋原体]]」を解明したことである。縄紋原体とは、縄文土器に刻印施文され、名称の由来にもなった「コード・マーク」のことである。それまでの研究者の説では筵を押し付けたとか縄を押し付けたなどであった。山内は紙縒りで様々な縒り方の紐を作り、それを転がしたり押し付けたりすることによって多くのバリエーションの「縄紋」が発生することを解明した。
 
現在、考古学に係わっている多くの人々(学者、[[公共団体]]の[[埋蔵文化財]]担当職員)にとって、山内に近い関係であったというだけで尊敬の眼差しで見られる。山内は戦後最も考古学会に影響を与えた学者といえよう。日本の考古学が縄文時代研究が主体なのも山内の影響である。
9,550

回編集