「名鉄キハ8500系気動車」の版間の差分

2016年2月19日 (金) 23:08 の修正でおかしくなっていた部分に対しての再修正
(2016年2月19日 (金) 23:08 の修正でおかしくなっていた部分に対しての再修正)
名鉄では、[[1965年]](昭和40年)から国鉄・JR東海の高山本線へ直通する列車を運行していた<ref name="rf360-43"/>。この列車は運行開始当時は準急「たかやま」として運行開始され、その後急行に格上げされ<ref name="rf360-43"/>、[[1970年]](昭和45年)には[[富山地方鉄道]]立山駅まで乗り入れ「北アルプス」に改称<ref name="rf360-43"/>、さらに[[1976年]](昭和51年)以降は特急に格上げされて運行されていた<ref name="rf360-43"/>が、使用車両は1965年(昭和40年)以来[[名鉄キハ8000系気動車|キハ8000系]]が継続使用されていた{{refnest|group="注釈"|正確には、1985年(昭和60年)以降は1969年(昭和44年)製のキハ8200形のみ<ref name="rj294-117"/>。}}。しかし、登場当時こそ全車冷房車で評価の高かった<ref name="colotan299"/>キハ8000系も、[[1990年代]]を迎えると、特急車両としては接客設備・走行性能ともに当時の標準から大きく見劣りするものとなってきていた。<ref name="rj294-118"/>。
 
一方、JR東海が[[1989年]](平成元年)以降高山本線の特急「ひだ」に[[JR東海キハ85系気動車|キハ85系]]の導入を行い、1990年(平成2年)3月から特急「ひだ」は全てキハ85系で運用されるようになった<ref name="rj294-118"/>ため、名鉄側も、JR東海に対し新型車両への置き換えを申し入れ<ref name="rj294-117"/>、車両仕様についての検討を行ったが、その検討過程において、[[名鉄犬山線|犬山線]]での[[ダイヤグラム|ダイヤ]]の構成上は高速性能の向上が望ましく<ref name="rj294-118"/>、[[起動加速度]]3.0 km/h/s・最高速度120 km/hという、[[電車]]並みかそれ以上の[[性能]]を確保するためには、「搭載するエンジンについては[[カミンズ]]製以外の選択肢はない」と結論付けられた<ref name="rj294-118"/>{{refnest|group="注釈"|名鉄の傘下にある[[大井川鐵道|大井川鉄道(当時)]]では、1982年に日本国内向け鉄道車両として初めてカミンズ製エンジンを搭載した[[大井川鉄道DD20形ディーゼル機関車|DD20形ディーゼル機関車]]を登場させていた(詳細は[[大井川鉄道DD20形ディーゼル機関車|当該記事]]を参照<ref name="rj294-118"/>)。}}。名鉄にとって幸いだった<ref name="rj294-118"/>のは、キハ85系がカミンズ製エンジンを採用していたことで、その後の協議が順調に進む大きな要因にもなったという。
 
このような経過を経て登場したのがキハ8500系である。