「ミーカガン」の版間の差分

編集の要約なし
(玉城保太郎の読みを追記)
'''ミーカガン'''とは、[[ゴーグル#水泳用|水中メガネ]]の1種。19世紀末の[[沖縄県|沖縄]]で玉城保太郎(たまぐすく やすたろう<ref>糸満市商工会情報誌『ほろほろVol.06』</ref>)によって発明された、主に[[潜水をしての]][[漁]]の際に琉球のを行う[[漁師]]によって使われていた両眼式の[[ゴーグル#水泳用|水中メガネ]]のこと。ただしミーカガンという語は琉球の方言であり、通常水中メガネを指すのだが、普通のメガネのことも指す場合がある。糸満の漁業に影響を与え、漁法の進歩にもつながった発明品であり、[[モンパノキ]]の琉球地方での呼び名にも影響を与えた。
{{孤立|date=2011年10月}}
'''ミーカガン'''とは、[[ゴーグル]]の1種。19世紀末の[[沖縄県|沖縄]]で玉城保太郎(たまぐすく やすたろう<ref>糸満市商工会情報誌『ほろほろVol.06』</ref>)によって発明された、主に潜水をしての[[漁]]の際に琉球の[[漁師]]によって使われていた両眼式の[[ゴーグル#水泳用|水中メガネ]]のこと。ただしミーカガンという語は琉球の方言であり、通常水中メガネを指すのだが、普通のメガネのことも指す場合がある。糸満の漁業に影響を与え、漁法の進歩にもつながった発明品であり、[[モンパノキ]]の琉球地方での呼び名にも影響を与えた。
 
== 概要 ==
ミーカガンは、潜水をしながら獲物を捕る漁法を行った漁師達に使用された両眼式水中眼鏡である。ただし、ミーカガンという語は「眼鏡」を訓読した「めかがみ」に由来する方言であるため、普通のメガネのことも指す場合もある。
ミーカガンは、潜水をしながら獲物を捕る漁法を行った漁師達によって使用された両眼式水中眼鏡である。1884年の夏に、糸満(現[[糸満市]]の中心市街地であり、旧[[糸満町]]に当る地域。古くから漁業が盛んな集落であった<ref>沖縄大百科事典(上巻)p.208</ref>。)に住んでいた、玉城保太郎(たまぐすく 保太郎)によってミーカガンは開発された<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、及び、(別巻)p.135</ref>。なおミーカガンの開発には約4年の歳月がかかったとされる<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515</ref>。彼は特に[[漁具]]の改良を行ったことによって、琉球の水産業に影響を与えた<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、及び、(上巻)p.212</ref>。海で潜水を主体とする漁法を行っていると、水中メガネがない場合、眼がただれたり、年齢を重ねると目がかすんだりしたため、ミーカガンが開発されるまでは獲物を捕るのにも手探りといった状態だった<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.516</ref>。しかしこのミーカガンが登場したことで、貝類の採集などの潜水を主体とする漁法が発達するなど、糸満の漁業にとっては大きな影響を与えた発明であった<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.516、及び、(上巻)p.212</ref>。ところで、このミーカガンの材料として玉城保太郎は、[[イーフ島]]に生えていた[[モンパノキ]]を使用したと言われている<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、p.516</ref>。モンパノキとは、[[ムラサキ科]]の低木であり、この木のことを琉球の方言でハマスーキ(浜潮木)と呼ぶ他に、ガンチョーギー(眼鏡木)とも呼ぶ<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。先にも述べたようにミーカガン(目鏡/めかがみ)とは主に水中メガネを指す琉球の方言であるが、実は普通のメガネのことも指す琉球の方言である<ref>沖縄語辞典 p.259、p.402</ref>。そして普通のメガネ(眼鏡/がんきょう)のことは、主にガンチョーと呼ぶ<ref>沖縄語辞典 p.83、p.259</ref>。ミーカガンというメガネのフレーム部分をモンパノキの[[幹]]で作ったために、琉球地方においてモンパノキにはガンチョーギー(眼鏡木)という別称が付けられたことで知られている<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。ミーカガンのフレーム部分は、このモンパノキを刃物で削って製造されていた。
 
ミーカガンは、潜水をしながら獲物を捕る漁法を行った漁師達によって使用された両眼式水中眼鏡である。1884年の夏に、糸満(現[[糸満市]]の中心市街地であり、旧[[糸満町]]に当る地域。古くから漁業が盛んな集落であった<ref>沖縄大百科事典(上巻)p.208</ref>。)に住んでいた、玉城保太郎(たまぐすく 保太郎)によってミーカガンは開発された<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、及び、(別巻)p.135</ref>。なおミーカガンの開発には約4年の歳月がかかったとされる<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515</ref>。彼は特に[[漁具]]の改良を行ったことによって、琉球の水産業に影響を与えた<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、及び、(上巻)p.212</ref>。海で潜水を主体とする漁法を行っていると、水中メガネがない場合、眼がただれたり、年齢を重ねると目がかすんだりしたため、ミーカガンが開発されるまでは獲物を捕るのにも手探りといった状態だった<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.516</ref>。しかしこのミーカガンが登場したことで、貝類の採集などの潜水を主体とする漁法が発達するなど、糸満の漁業にとっては大きな影響を与えた発明であった<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.516、及び、(上巻)p.212</ref>。ところで、このミーカガンの材料として玉城保太郎は、[[イーフ島]]に生えていた[[モンパノキ]]を使用したと言われている<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、p.516</ref>。モンパノキとは、[[ムラサキ科]]の低木であり、この木のことを琉球の方言でハマスーキ(浜潮木)と呼ぶ他に、ガンチョーギー(眼鏡木)とも呼ぶ<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。先にも述べたようにミーカガン(目鏡/めかがみ)とは主に水中メガネを指す琉球の方言であるが、実は普通のメガネのことも指す琉球の方言である<ref>沖縄語辞典 p.259、p.402</ref>。そして普通のメガネ(眼鏡/がんきょう)のことは、主にガンチョーと呼ぶ<ref>沖縄語辞典 p.83、p.259</ref>。ミーカガンというメガネのフレーム部分をモンパノキの[[幹]]で作ったために、琉球地方においてモンパノキにはガンチョーギー(眼鏡木)という別称が付けられたことで知られている<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。ミーカガンのフレーム部分は、このモンパノキを刃物で削って製造されていた
 
ミーカガンの材料として玉城保太郎は、イーフ島(旧[[兼城村]][[潮平]]にあった伊保島。現在は埋め立てのため存在しない。)に生えていた[[モンパノキ]]を使用したと言われている<ref>沖縄大百科事典(中巻)p.515、p.516</ref>。モンパノキとは、[[ムラサキ科]]の低木であり、この木のことを琉球の方言でハマスーキ(浜潮木)と呼ぶ他に、ガンチョーギー(眼鏡木)とも呼ぶ<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。先にも述べたようにミーカガン(眼鏡/めかがみ)とは水中メガネを指す方言であるが、実は普通のメガネのことも指す<ref>沖縄語辞典 p.259、p.402</ref>。普通のメガネ(眼鏡/がんきょう)のことは主にガンチョーと呼ぶ<ref>沖縄語辞典 p.83、p.259</ref>が、この二つの言葉の間に明確な区別はない。ミーカガンというメガネのフレーム部分をモンパノキの[[幹]]で作ったために、琉球地方においてモンパノキにはガンチョーギー(眼鏡木)という別称が付けられた<ref>沖縄大百科事典(下巻)p.683</ref>。
 
== 出典 ==
匿名利用者