「ジョー・コックス」の版間の差分

編集の要約なし
(英語版06:27, 20 June 2016‎の翻訳。)
 
[[2015年イギリス総選挙]]で[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]([[下院]])議員に初当選。[[労働党 (イギリス)|労働党]]所属。議員としては、[[シリア騒乱]]や女性の権利擁護に取り組み、シリア支援の超党派議員団のひとりだった<ref name="CampaignedTirelessly">{{cite news|url=http://www.independent.co.uk/news/people/jo-cox-obituary-the-labour-mp-who-campaigned-tirelessly-for-refugee-children-a7086141.html|title=Jo Cox obituary: The Labour MP who campaigned tirelessly for refugees|date=16 June 2016|website=The Independent|accessdate=16 June 2016}}</ref>。議員に当選するまで[[ブリュッセル]]及び[[ニューヨーク]]で、[[オックスファム|オックスファム・インターナショナル]]の[[人道援助]]主任をしていた。
 
2016年6月16日に[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票]]の集会準備中に殺害される。2010年に{{仮リンク|スティーブン・ティムズ|en|Stephen Timms}}が[[イスラム過激派]]の少女に腹を2回刺された傷害事件は有ったものの、現職の国会議員が殺害されるのは、1990年の[[IRA暫定派|IRA]]に殺害された{{仮リンク|イアン・ガウ|en|Ian Gow}}から4半世紀なかったことである<ref>{{cite news|first=Haroon |last=Siddique|title=Attack on Jo Cox is only the latest serious assault against an MP|url=https://www.theguardian.com/uk-news/2016/jun/16/jo-cox-attack-latest-serious-assault-mps|date=16 June 2016|work=The Guardian|accessdate=16 June 2016}}</ref><ref>{{cite news|first=Denver |last=Nicks|title=Assassinated British MP Was a Vocal Humanitarian|url=http://time.com/4371661/jo-cox-british-mp-attack-brexit/|date=16 June 2016|work=Time|accessdate=16 June 2016}}</ref>。
 
== 来歴 ==
 
=== 死亡 ===
[[File:Love Like Jo campaigners Trafalgar Square (2).jpg|200px|thumb|コックスを追悼する人々]]
2016年6月23日の[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票]]で残留を支持していたが、投票1週間前の6月16日、[[ウェスト・ヨークシャー州]][[リーズ]]近郊で国民投票を巡る集会の準備中、銃撃され死亡した<ref>{{cite news |title= 英女性議員が撃たれ死亡、国民投票の集会準備中|author= |newspaper= [[ロイター]]日本語版|date= 2016-6-17|url= http://jp.reuters.com/article/uk-opposition-lawmaker-shot-during-campa-idJPKCN0Z222G|accessdate=2016-6-17}}</ref>。目撃者によると、3回発砲があり、そのうち1発が頭部近くに撃たれ、その後複数回刺されたと証言している<ref>{{cite news|url=https://next.ft.com/content/53ac09fe-33c3-11e6-ad39-3fee5ffe5b5b|title=British MP Jo Cox shot and killed|date=16 June 2016|accessdate=16 June 2016|work=Financial Times|authors=Kate Allen, Henry Mance & Andrew Bounds}}{{subscription required}}</ref>。襲撃者は「Britain first(イギリスを第一に)」と叫び犯行に及んだとされる。
 
 
殺害に関与したとして、現場近くの52歳の男性が逮捕されている<ref>{{cite news|first=Adam |last=Withnall|title=Jo Cox shot: Man arrested after Labour MP shot and stabbed in Birstall, West Yorkshire - latest updates|url=http://www.independent.co.uk/news/uk/crime/jo-cox-shot-live-latest-news-updates-birstall-shooting-stabbing-labour-mp-west-yorkshire-a7085561.html|work=Independent|accessdate=16 June 2016|date=16 June 2016}}</ref>。男性は、精神医学的な問題を抱えていた履歴があり、アメリカを本拠地とする[[ネオナチ]]団体{{仮リンク|ナショナル・アライアンス (アメリカ)|label=ナショナル・アライアンス|en|National Alliance (United States)}}ともつながりがあったとされ、捜査線上の「最上位の容疑者」に挙がっていた<ref>{{cite news|first=Shawn |last=Pogatchnik |first2= Jill |last2=Lawless|title=Police probe far-right ties, mental health in Jo Cox slaying|url=http://www.bigstory.ap.org/article/a5853006291d49368aa94a6c0eedd9e7/brexit-campaigning-still-halted-uk-mourns-slain-lawmaker|agency=Associated Press|date=17 June 2016|accessdate=17 June 2016}}</ref>。6月18日に警察は、ウェストミンスター治安判事裁判所の前に、殺人・重傷害・[[イギリスの銃規制|攻撃的な意志を持って武器を所持していた]]などの理由で正式起訴する張り出しを行うことを発表した<ref>{{cite news|first=Robert |last=Booth|url=https://www.theguardian.com/uk-news/2016/jun/18/thomas-mair-charged-with-of-mp-jo-cox |title=Thomas Mair charged with murder of MP Jo Cox|work=Guardian|date=17 June 2016|accessdate=17 June 2016}}</ref>。
 
2010年に{{仮リンク|スティーブン・ティムズ|en|Stephen Timms}}が[[イスラム過激派]]の少女に腹を2回刺された傷害事件は有ったものの、現職の国会議員が殺害されるのは、1990年の[[IRA暫定派|IRA]]に殺害された{{仮リンク|イアン・ガウ|en|Ian Gow}}から4半世紀なかったことである<ref>{{cite news|first=Haroon |last=Siddique|title=Attack on Jo Cox is only the latest serious assault against an MP|url=https://www.theguardian.com/uk-news/2016/jun/16/jo-cox-attack-latest-serious-assault-mps|date=16 June 2016|work=The Guardian|accessdate=16 June 2016}}</ref><ref>{{cite news|first=Denver |last=Nicks|title=Assassinated British MP Was a Vocal Humanitarian|url=http://time.com/4371661/jo-cox-british-mp-attack-brexit/|date=16 June 2016|work=Time|accessdate=16 June 2016}}</ref>。
 
== 脚注 ==