「ネオユニヴァース」の版間の差分

編集の要約なし
== 経歴 ==
=== 生い立ち ===
2000年、北海道千歳市の社台ファームに生まれる。父は1989年の全米年度代表馬であり、種牡馬として日本に輸入されて以降、リーディングサイアーの地位を占め続けていた[[サンデーサイレンス]]。母・ポインテッドパスはフランスで2戦0勝の成績だったが、日本への輸入前にカルヴァドス賞(G3)の勝利馬フェアリーパスを出して生んでいた<ref name="yu0307">『優駿』2003年7月号、pp.28-31</ref>。日本においてポインテッドパスはサンデーサイレンスとの交配が繰り返されていた<ref name="yu0307" />。
 
社台ファーム代表・[[吉田照哉]]によれば、幼駒の頃は馬体の形こそ良かったものの、脚長でひょろりとした頼りない姿であったという<ref name="yu0307" />。兄のチョウカイリョウガ、アグネスプラネットがいずれも好馬体の持ち主だったこともあり、「馬体だけ比べるとどうしても見劣っていたネオユニヴァースが、それ以上の活躍をできるのかな、と思ってしまった」と回顧している<ref name="yu0307" />。ただし誕生日が5月21日と遅生まれだったことから、やはり後年「成長が遅れていたわけだし、飛節の折りが深くて、やや腰が甘い感じに見えるのも、サンデーサイレンスそっくりの特徴だった」とも述べ、出生当時の自身の見立てが誤っていたとしている<ref name="yu0307" />。調教を任されることになる[[瀬戸口勉]]は、細身ながら骨格があり、さらに動きに柔らかさもある様子を見て「そこそこ走ってくれるんじゃないか」という程度に考えたという<ref name="meiba">『名馬物語 2001~2010』pp.65-69</ref>。
この勝利でネオユニヴァースは春のクラシック戦線における有力馬の1頭となったが、前年12月に[[朝日杯フューチュリティステークス]](GI)を制していた僚馬・エイシンチャンプも福永が騎手を務めており、福永の選択に注目が集まった<ref name="meiba" />。福永は瀬戸口とも相談のうえでエイシンチャンプに騎乗することになり、ネオユニヴァースには吉田照哉の推薦で、短期免許制度を利用して来日していたイタリア人騎手、ミルコ・デムーロが新たな鞍上として迎えられることになった<ref name="meiba" />。
 
デムーロとの新コンビで迎えた[[スプリングステークス]](GII)では、中団追走から第3~最終コーナーで先団に進出、1番人気の[[サクラプレジデント]]に1馬身4分の1差を付けて勝利した<ref>『優駿』2003年5月号、p.76</ref>。この競走では15番枠から発走し、距離のロスになるとされる馬群の外側を終始回り続ける展開となっていたが、これは「中距離以上で距離スタミナがもつか」「騎手との折り合いを保てるか」という2点を確認するため、デムーロが意図して行ったものだった<ref name="yu0307-2" />。後にデムーロはこの競走を回顧し、「調教と同様にレースでも折り合いの不安がなく、素晴らしい瞬発力と持久力を合わせもっていることが確認できた」と述べている<ref name="yu0307-2">『優駿』2003年7月号、pp.25-27</ref>。またこの頃には厩舎でシャンポンという装具を着けられたことで立ち上がる癖が矯正され、それまで余分な負担が掛かっていた後躯が強化されつつあったという<ref name="yu0808" />。
 
==== 二冠制覇 ====
4,015

回編集