メインメニューを開く

差分

更新
}}</ref>。
 
===EU離脱の是非を問う国民投票と退陣表明===
2013年、英国がEUに留まることを国民に説得するために、キャメロンは[[欧州連合]]から譲歩を引き出し、英国人を新たに(良い方向に)更新されたEUに留まおけよう説得するために(EU側と交渉することで)英国のEUでの新たな地位を確保すると発表した<ref name=TDT20Feb2016PF>[http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/eureferendum/12136337/EU-deal-What-David-Cameron-asked-for-Brussels-Brexit.html EU deal: What David Cameron asked for... and what he actually got]P. Foster, The Daily Telegraph, 20 Feb 2016 </ref>。2015年には保守党の選挙公約として、2017年の終わりまでにEU離脱の是非を問う国民投票を開く行うこ約束しを掲げた<ref name=TDT270416SS>[http://www.telegraph.co.uk/news/2016/04/26/david-cameron-accused-of-risking-national-security-by-helping-fu/ David Cameron accused of risking national security by helping fund Turkey's EU bid]S. Swinford, The Daily Telegraph, 27 Apr 2016 </ref>。2016年2月20日にEU側との交渉を終わらせ、EU側と新たな合意に至ったのを受けて<ref name=TDT20Feb2016PF />。そしてキャメロンは、同年6月23日に行われた[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票|英国のEU離脱の是非を問う国民投票]]<ref name=TDT270416SS />では、離脱賛成が多数占めた<ref name=bbc36615028>{{Cite web|url=http://www.bbc.com/news/uk-politics-36615028|title=EU referendum: UK votes to leave in historic referendum - BBC News|language=en-GB|access-date=2016年6月23-06-24}}</ref>。政権の基幹政策が国民投票によって否定されたことを重く見たキャメロンは、翌24、10月行う開かれる保守党党大会で退陣するこ発表を明らかにした<ref name=TDT270416SS bbc36615028/>。
 
== 家族 ==
12,149

回編集