「走光性」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎その他: 誤字訂正)
'''走光性'''(そうこうせい、Phototaxis)は[[走性]]の一つで、[[生物]]が[[光]]刺激に反応して移動することである。走光性のうち、光のある方向に近づくような行動は『正の走光性』、光から離れるような行動は『負の走光性』などともいう。正負を付さず単に「走光性の生物」などと言った場合には正の走光性を指している場合が多い。なお、植物などが日光に対して屈曲する[[光屈性|屈光性]]([[屈性]]の一つ)とは、性質を表す個体が移動する(向きを変えるだけではない)という点で異なる。([[走性]]参照)
 
== 例 ==
6,787

回編集