「ジョー・コックス」の版間の差分

編集の要約なし
|当選回数 = 1回
|就任日 = [[2015年]]
|退任日 = [[2016年]]6月16日
}}
'''ヘレン・ジョアンヌ・"ジョー"・コックス'''({{lang-en|Helen Joanne "Jo" Cox}}、[[1974年]][[6月22日]] - [[2016年]][[6月16日]])は、[[イギリス]]の[[政治家]]である。旧姓は'''リードビーター'''(Leadbeater)。
議員当選後は[[シリア騒乱]]の解決のために活動した<ref name=yp-20151226/>。10月には[[保守党 (イギリス)|保守党]]議員の{{仮リンク|アンドリュー・ミッチェル|en|Andrew Mitchell}}と共に[[イギリス軍]]がシリア国内の民間人を助けるために避難所を設営することを訴え<ref name="Ethical">{{cite news | url=http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/oct/11/british-forces-ethical-solution-syria-humanitarian-crisis | title=British forces could help achieve an ethical solution in Syria | work=[[The Observer]] | date=11 October 2015 | accessdate=11 October 2015 | author1=[[Andrew Mitchell|Mitchell, Andrew]] |author2= Cox, Jo}}</ref>、シリア問題の解決を目指す超党派議員団の結成にも参加した<ref name=guardian-20151010>{{cite news |url=http://www.theguardian.com/politics/2015/oct/10/labour-mps-defy-jeremy-corbyn-on-syria |title=More than 50 Labour MPs to defy Jeremy Corbyn in vote on Syria |first1=Toby | last1= Helm| first2= Daniel |last2=Boffey |newspaper=The Guardian |date=10 October 2015 |accessdate=1 June 2016}}</ref><ref name=yp-20160212>{{cite news |url=http://www.yorkshirepost.co.uk/news/jo-cox-syrian-ceasefire-tipped-in-president-assad-and-russia-s-favour-1-7730680 |title=Jo Cox: Syrian ceasefire tipped in President Assad and Russia's favour |first=Kate |last=Proctor |newspaper=Yorkshire Post |date=12 February 2016 |accessdate=1 June 2016}}</ref>が、[[ISIL]]を攻撃するための軍事介入を巡る採決の際には棄権している<ref name="BBCObituary"/>。また、[[パレスチナ問題]]に関しては[[ガザ地区]]の封鎖を解除するように訴えている<ref>{{cite web|url=http://www.jocox.org.uk/wp-content/uploads/2015/12/LFPME_Brochure_FINAL2.pdf| pages=10-12|title=Making the progressive case for peace in Palestine and Israel: Labour Party policies to support the rule of law and human rights|accessdate= 17 June 2016|date=December 2015|publisher=Labour Friends of Palestine & the Middle East}}</ref>。
 
=== 死亡殺害 ===
[[Fileファイル:Love Like Jo campaigners Trafalgar Square (2).jpg|200px|thumb|コックスを追悼する人々]]
2016年6月23日の[[イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票]]で残留を支持していたが、投票1週間前の6月16日、[[ウェスト・ヨークシャー州]][[リーズ]]近郊で国民投票を巡る集会の準備中、銃撃され死亡した<ref>{{cite news |title= 英女性議員が撃たれ死亡、国民投票の集会準備中|author= |newspaper= [[ロイター]]日本語版|date= 2016-6-17|url= http://jp.reuters.com/article/uk-opposition-lawmaker-shot-during-campa-idJPKCN0Z222G|accessdate=2016-6-17}}</ref>。目撃者によると、3回発砲があり、そのうち1発が頭部近くに撃たれ、その後複数回刺されたと証言している<ref>{{cite news|url=https://next.ft.com/content/53ac09fe-33c3-11e6-ad39-3fee5ffe5b5b|title=British MP Jo Cox shot and killed|date=16 June 2016|accessdate=16 June 2016|work=Financial Times|authors=Kate Allen, Henry Mance & Andrew Bounds}}{{subscription required}}</ref>。襲撃者は「Britain first(イギリスを第一に)」と叫び犯行に及んだとされる。
 
匿名利用者