メインメニューを開く

差分

 
がんの発生率や死亡率との関連について、現時点ではポジティブな (有効性があるとする) 結果とネガティブな (有効性がないとする) 結果の両方が存在している<ref>[http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail42.html 「健康食品」の安全性・有効性情報] 国立健康・栄養研究所</ref>。
 
この成分が含まれている小松菜やパプリカを油で炒めると吸収が高まり、しょうが入りのポン酢醤油を添えると代謝がよくなる<ref>『まいにちの中高生のお弁当250』24頁。</ref>。
 
== 脚注 ==
3,813

回編集