「トラビス (チンパンジー)」の版間の差分

→‎訴訟: 文や固有名詞の修正。いくつか内部リンク。法案関係は不明瞭な部分が多かったので出典等を再調査の上、因果関係や時系列がはっきりするように改稿。
m (ボット: 言語間リンク1件をウィキデータ上のQ7836194に転記)
(→‎訴訟: 文や固有名詞の修正。いくつか内部リンク。法案関係は不明瞭な部分が多かったので出典等を再調査の上、因果関係や時系列がはっきりするように改稿。)
薬物検査の報告書はトラビスにはその日、怒りを極限まで増幅させる可能性のあった『ザナックス』(向精神薬)のティーバッグのお茶が与えられたとするサンドラの証言を裏付けるものであった<ref>[http://www.foxnews.com/story/0,2933,520061,00.html Tests Show Chimp Had Anti-Anxiety Drug Xanax in System During Vicious Attack], ''FoxNews.com'', updated: Wednesday, May 13, 2009 , Accessed September 21, 2010.</ref><ref>[http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=why-would-a-chimpanzee-at Why would a chimpanzee attack a human?], ''Scientific American'', updated: February 19, 2009 , Accessed September 21, 2010.</ref>。
『ザナックス』(商標名)(アルプラゾラム)は脱抑制、失見当そして場合によっては幻覚、攻撃性、激しい怒り、憂鬱などの奇異反応を引き起こす可能性のある即効性の抗不安剤である{{cn|date=May 2014}}。
 
===訴訟===
2009年5月、チャルラ・ナッシュ家の弁護士はサンドラ・ハロルドに対して5,000万ドル(約40億円)<ref>2009年5月の為替相場による</ref>の賠償を求める訴訟を起こした<ref name=SA03162009Potts>Potts, Monica. 3-16-09. [http://www.stamfordadvocate.com/ci_11925838 ''Lawyer for chimp attack victim says lawsuit imminent.''] Stamford, CT: ''The Stamford Advocate.'' Retrieved, 3-16-09</ref> On May 6, a Stamford judge froze Herold's assets, valued at $10 million.<ref name="nbc05072009">{{cite news | url=http://www.nbcconnecticut.com/news/local/Assets-to-be-Frozen-for-Chimp-Attack-Lawsuit.html | title=$50M Chimp Attack Lawsuit Heads to Court | agency=Associated Press | publisher=NBC Connecticut | date=2009-05-07}}</ref>。
他にはコネティカット環境保護局、スタンフォード市、『ザナックス』を処方した獣医などが被告になる可能性があった.<ref name="SA03172009seeks50M">Staff reporters. 03-17-2009. [http://www.stamfordadvocate.com/ci_11931871 ''Family of Stamford chimp attack victim seeks $50M.''] Stamford, CT: ''The Stamford Advocate'', Southern CT. Newspapers, Inc, Hearst CT Post, LLC. Retrieved, 3-17-09, 1:46PM</ref>。
被告弁護士は、トラビスは今回の凶行の前には狂暴は振る舞いをしたことはなく、1990年代の襲撃は真実ではない。なぜならばそのときトラビスには歯が生えていなかったからであると述べた<ref name="SA04142009thedefense">Christoffersen, John, of Associated Press. 2009. [http://www.topix.net/forum/source/stamford-advocate/T3VTHNRAS8HIKIO4U ''Lawyer for Stamford chimp owner: animal wasn't violent.''] Stamford, CT: [http://www.stamfordadvocate.com The Advocate] Posted: 04/10/2009 Retrieved: 4/14/09</ref>。
凶行の15週後の2010年5月、AP通信はサンドラ・ハロルドは72歳で[[大動脈瘤|大動脈瘤破裂]]なくなった死亡したと報道している<ref name="Christoffersen">{{cite news |title=Owner of chimpanzee in Conn. mauling dies at 72 |first=John |last=Christoffersen |url=http://www.guardian.co.uk/world/feedarticle/9096376 |agency=Associated Press |newspaper=The Guardian |date=May 25, 2010 |accessdate=May 26, 2010 | location=London}}</ref>。
彼女の顧問弁護士のロバート・ゴルダーは以下の声明を発表した。「ハロルド氏は友人であり、かつ従業員のシャルラ・ナッシュに重傷を負わせたのと同様に、交通事故で亡くなった娘の死に始まって、それに続く夫の死、そしてトラビスの凶行...この数年間幾多の胸が張り裂けるような喪失感に苦しめられてきたのです。
彼女の心臓の血管は何回も破れ、ついに心臓自体が動かなくなったのです」<ref>{{cite web|url=http://www.huffingtonpost.com/2010/05/25/sandy-herold-dead-owner-o_n_588888.html|title=Sandy Herold Dead: Owner Of Chimp Who Attacked Charla Nash Dies|work=The Huffington Post}}</ref>。
2012年11月、ナッシュはハロルド家の[[遺産分与]]について法的問題が解決し、大凡400万ドル(3億6千万円)を受け取るに至った<ref>{{cite web|url=http://articles.latimes.com/2012/nov/30/nation/la-na-nn-chimp-attack-20121130|title=Charla Nash, chimp attack victim, settles lawsuit for less than sought|work=latimes}}</ref>。
ナッシュは2013年、コネティカット州を相手に訴訟を起こしたが、却下されている。彼女は行政はチンパンジーは危険な動物であることが分かっていながら、何も策を講じなかったと主張した<ref>{{cite news|url=http://www.huffingtonpost.com/2013/06/14/charla-nash-chimp-attack-victim-lawsuit-denied_n_3443456.html |title=Charla Nash, Chimp Attack Victim, Denied $150 Million Lawsuit |publisher=Huffingtonpost.com |date= June 14, 2013|accessdate=2014-01-17}}</ref>。
ナッシュの訴状は、彼女が攻撃された当時はチンパンジーを私的に飼育することを禁止する法規が存在しなかったという根拠によって却下されたのであった。
2013年7月、ナッシュの弁護士は判決に上訴する試みを開始した<ref>{{cite web|url=http://abcnews.go.com/US/wireStory/chimp-victim-sue-conn-150m-19568230#.UdR3QflQGSo |title=U.S. News &#124; National News - ABC News |publisher=Abcnews.go.com |date= |accessdate=2014-01-17}}</ref>。
====メディアにおいて====
トラビスの脱走と引き続いて起こったシャルラ・ナッシュへの攻撃は[[アニマル・プラネット]]放送局のドキュメンタリー連続番組におけるチンパンジーの事例「危険な情事」(2010-2011年放送)で題材とされた。
緊急電話の会話、警官がトラビスを射殺する際の無線通信、捜索の結果は番組においてエピソードとして用いられた<ref name="FatalAttractions">"Chimps", episode of ''Fatal Attractions''; screen appears approximately 10 seconds before episode ends.</ref>。
事件は中国にまで報道された<ref name=CD021809>[http://www.chinadaily.com.cn/life/2009-02/18/content_7488668.htm TV advert chimp attacks woman, police], ''China Daily'', February 18, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref>。
今回の事件は4年前にカリフォルニアで別のチンパンジーが人間を襲った事例に似通ったものであり<ref name=dillon>{{citation |last=Dillon |first=Nancy |title=Man who lost face in '05 mauling knows hell of new chimpanzee victim | newspaper=[[The New York Daily News]] |date=February 22, 2009 |url=http://www.nydailynews.com/news/2009/02/22/2009-02-22_man_who_lost_face_in_05_mauling_knows_he.html}}</ref>、番組では『[[タイム (雑誌)|タイム]]誌』の記事や霊長類学者の[[ジェーン・グドール]]博士や[[フランス・ドゥウォヴァール]]博士の研究を拠り所とし珍しい動物をペットとして飼育する見識についての議論が喚起された。<ref name=TIME021809>Bryan Walsh, [http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1880229,00.html Why the Stamford Chimp Attacked], ''Time'', February 18, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref><ref name=LAT022509jg>Jane Goodall, [http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-oe-goodall25-2009feb25,0,3873665.story Loving chimps to death], ''Los Angeles Times'', February 25, 2009, Accessed February 26, 2009</ref><ref name=HP021709>Frans de Waal, [http://www.huffingtonpost.com/frans-de-waal/another-chimp-bites-the-d_b_167768.html Another Chimp Bites the Dust], ''Huffington Post'', February 17, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref>。
その後PETA([[動物の倫理的扱いを求める人々の会]])のメンバー達はハロルド氏に対し執拗な嫌がらせをしたと伝えられる。しかしながら同団体は事件に対し組織としていかなる介入も行っていないとの声明を出した<ref name=VV021809>Roy Edroso, [http://blogs.villagevoice.com/runninscared/archives/2009/02/crazed_chimp_91.php Crazed Chimp 911 Tape Revealed; PETA Peeps Harass Owner], ''Village Voice'', February 18, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref><ref name=WCBS021709>Tony Aiello, [http://wcbstv.com/topstories/chimpanzee.attack.stamford.2.937244.html Chimp Owner Hammered With Threatening Calls], WCBStv.com, February 17, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref>。
事件は政治風刺漫画に大きな論争を引き起こした。2009年2月18日、『[[ニューヨークポスト]]紙』は、銃口から煙が出ている銃を持ち、チンパンジーの遺体の上に立つ警官と、「次の[[2009年アメリカ復興・再投資法]]<ref>バラク・オバマ大統領が2009年2月17日に署名して成立した、景気刺激対策法</ref>を起案するのに何か別の人物を探さなくてはならないだろうとつぶやく同僚の警官」を描いた{{仮リンク|ショーン・デロネー|en|Sean Delonas}}の作品を掲載している<ref name=Times021909c>Nico Hines, [http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/us_and_americas/article5766822.ece Protesters picket New York Post over chimp cartoon], ''The Times'', February 19, 2009, Accessed February 19, 2009.</ref><ref>Adam Martinは『50の最も人種差別的風刺漫画』[http://www.complex.com/pop-culture/2012/11/50-most-racist-political-cartoons/]においてチンパンジーは大統領職に就任後すぐに法案に署名したオバマ大統領を表しているとの解釈を示している</ref>。
その風刺漫画が発表されたことにより、漫画のチンパンジーが、景気刺激法案の推進者と[[バラク・オバマ]]合衆国大統領、そして人間でない猿の姿として描かれているアフリカ系アメリカ人に関する人種差別的隠喩との関連を意味しているのではないかとする様々なメディアの解釈が喚起されることになった<ref name="Times021909c"/><ref name=CNN021809c>Roland S. Martin, [http://www.cnn.com/2009/POLITICS/02/18/martin.cartoon/index.html Commentary: NY Post cartoon is racist and careless], CNN, February 18, 2009, Accessed February 19, 2009.</ref><ref name=NBCNY021809c>Gabe Pressman, [http://www.msnbc.msn.com/id/29263562/ The Unfunny Cartoon], MSNBC.com, February 18, 2009, Accessed February 19, 2009.</ref><ref name=NYDN021909c>Simone Weichselbaum, [http://www.nydailynews.com/ny_local/2009/02/18/2009-02-18_new_york_post_chimpanzee_stimulus_cartoo.html New York Post chimpanzee stimulus cartoon draws cops' ire], ''New York Daily News'', February 19, 2009, Accessed February 19, 2009.</ref>。
2009年2月24日、『ポスト誌』のオーナー兼会長の[[ルパート・マードック]]は風刺画について謝罪に追い込まれた<ref name=NYP022409>Rupert Murdoch, [http://www.nypost.com/seven/02242009/news/regionalnews/statement_from_rupert_murdoch_156676.htm Statement from Rupert Murdoch], ''New York Post'', February 24, 2009, Accessed February 24, 2009.</ref>。
やむなくトラビスを射殺せざるを得なかった警官のフランク・シアファリ警官は事件が報道された後、憂鬱と不安のために当初セラピーを受けることになった。
このことがきっかけとなり2010年に議会に上程された法律に、命にかかわる危険が迫った状況下でやむなく動物を殺傷したあとに受ける精神的もしくは感情的な心の傷に対する補償の規定が盛り込まれることになった<ref name="wilson2010">Wilson, Michael (February 24, 2010). [http://www.nytimes.com/2010/02/25/nyregion/25chimp.html "After Shooting Chimp, a Police Officer’s Descent"] ''[[New York Times]]''</ref>。
====立法の影響====
[[コネチカット州]]{{仮リンク|リチャード・ブルーメントール|en|Richard_Blumenthal}}検事総長は、現行の2004年のコネチカット州法の不備な点は、トラビスの大きさを基準にチンパンジーの飼育を禁じるに至った2003年の事件の結論に起因するものであり、その間違った結論が結果として今回の惨劇を引き起こしたと記している。
コネチカット州環境保護局(DEP)のスポークスマンは、トラビスには公衆衛生上の危険は認められていなかったし、法的に登録が必要とされる以前にすでに飼育されていたのでという理由から飼い主は法的に責任を負うことはないことを明らかにした。
ブルーメンソール検事総長は政界の大立者やDEPの理事に、コネチカットの居住環境を守るためにチンパンジー、ワニ、毒蛇などの潜在的に危険なすべての外来動物の飼育を禁じる法律案を支持するように要請する手紙を送ったのである。
DEPは大型霊長類の飼育を禁ずる類似の法律の制定を求め、事件後、一般市民、警官、動物管理局員に対しそのようなペットについて行政機関に報告するように求めたのであった<ref name=AP021809jc>John Christofferen, [http://www.newsday.com/news/local/wire/connecticut/ny-bc-ct--chimpanzeeattack0218feb18,0,224327.story Slain chimp's owner now says it wasn't on Xanax], ''Associated Press'', February 18, 2009, Accessed February 18, 2009.</ref>。
コネチカット州[[スタフォード]]の新聞『{{仮リンク|アドボケート (新聞)|label=アドボケート|en|The_Advocate_(Stamford)}}』の編集会議はすべての[[外来種]]の鳥類と爬虫類の所有の禁止を主張したのであった<ref name=SAdv021809ed>[http://www.stamfordadvocate.com/ci_11733105 Ban the possession of wild animals], ''The Advocate (Stamford)'', February 18, 2009, Accessed February 20, 2009.</ref>。
 
連邦下院の{{仮リンク|アール・ブルーメナウアー|en|Earl Blumenauer}}議員は、2009年1月6日に、および国境を跨いでの売買を不可能とすが禁止されている「禁止野生動物」のリストに小型の猿、類人猿、[[キツネザル]]を加え{{仮リンク|捕獲霊長類安全法|en|Captive Primate Safety Act}}(2009年1月6日成立)を上程したのであっていた<ref name="NBCC021809"/><ref name=SAdv022309>{{Cite web| author=Peter Urban, [|url=http://www.stamfordadvocate.com/ci_11766766|title= U.S. House to vote on primate ban],| publisher=''The Advocate (Stamford)'', February |date=2009-02-23, |accessdate=2009, Accessed February -02-24,|archiveurl= 2009http://web.archive.org/web/20090228165651/http://www.stamfordadvocate.com/ci_11766766 |archivedate=2009-02-28}}</ref>。
本事件は立法を支持するにおいて[[:en:Humane Society of the United States|『合衆国動物愛護協会』]]を[[:en:Wildlife Conservation Society|『野生生物保護協会』]]に協力させるという副産物をもたらしている<ref name="NBCC021809"/>。
これは、以前2007年7月10日に{{仮リンク|エディー・ジョンソン|en|Eddie Bernice Johnson }}により上程され、下院は通過したものの上院では通過しなかった法案<ref name="HR2964">{{cite web|url=http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=h110-2964 |title=H.R. 2964 [110th&#93;: Captive Primate Safety Act |publisher=GovTrack.us |date= |accessdate=2016-06-29}}</ref>の二度目の上程であった。
2009年2月23日、[[:en:Mark Kirk|マーク・カーク]]下院議員は予算案の共同提出を行った<ref name="SAdv022309"/><ref name=Politico022409>Ben Smith, [http://www.politico.com/blogs/bensmith/0209/The_Primate_Act_of_09.html The Primate Act of '09], Politico.com, February 23, 2009, Accessed February 24, 2009.</ref>。
本事件は、同を支持するにおい案への後押しとして[[:en:Humane Society of the United States|『合衆国動物愛護協会』]]を[[:en:Wildlife Conservation Society|『野生生物保護協会』]]に協力させるという副産物をもたらしている<ref name="NBCC021809"/>。
これに対し、[[:en:Rob Bishop|ロブ・ショップ]]下院議員は議場での議論において毎年400万ドルの費用が掛かり、チンパンジーの人間への攻撃を防ぐのに何の効果もないとして予算案に反対する論陣を張った。
本事件は、2009年2月23日、[[:en:Mark Kirk|マーク・カーク]]下院議員は予算案など超党派的な17人提出者による同法案の再上程という結果行っもたらした<ref name="SAdv022309"/><ref name=Politico022409>Ben Smith, [http://www.politico.com/blogs/bensmith/0209/The_Primate_Act_of_09.html The Primate Act of '09], Politico.com, February 23, 2009, Accessed February 24, 2009.</ref>。
これに対し、[[:en:Rob Bishop|ロブ・ショップ]]下院議員は議場での議論において毎年400万ドルの費用が掛かり、チンパンジーの人間への攻撃を防ぐのに何の効果もないとして予算同法案に反対する論陣を張った。
また同議員はチンパンジーの人間への攻撃はそう起こりうるものではないとも主張した<ref name=CP022409pu>Peter Urban, [http://www.connpost.com/breakingnews/ci_11774667 House approves primate pet ban], ''Connecticut Post'', February 24, 2009, Accessed February 24, 2009.</ref>。
全米20州とコロンビア特別区には既にペットとして霊長類を飼うことを禁止する法律がある<ref name=USATODAY022409>[http://blogs.usatoday.com/ondeadline/2009/02/house-tightens.html House tightens restrictions on chimps as pets], ''USA TODAY'', February 24, 2009, Accessed February 24, 2009.</ref>。
2009年2月23日、議会は325対95で予算同法通過させ<ref name="CP022409pu"/>、『[[ニューヨーク・タイムス]]紙』と『{{仮リンク|ニューズデイ|en|Newsday}}紙』を含む複数の主要な新聞の編集委員たちはそれを支持した<ref name=NYT022609>[http://www.nytimes.com/2009/02/25/opinion/25wed4.html Primates Aren’t Pets], ''The New York Times'', February 26, 2009, Accessed February 26, 2009.</ref><ref name=LIN022609>[http://www.newsday.com/news/opinion/ny-vppets266049399feb26,0,2483455.story Pass the primate act], ''Newsday'', February 26, 2009, Accessed February 26, 2009.</ref>。
しかし、同予算案は上院を通過しなかった。
 
==トリビア==
2009年6月30日、米国のデスコアバンドの[[スーサイド・サイレンス]]はアルバム『No Time to Bleed』を発売した。同作品にはスーサイド・サイレンスが演奏するインストルメンタル曲にサンドラ・ハロルドの110番通報の声が重ねられたタイトル「..And Then She Bled」が含まれる<ref>[http://www.songlyrics.com/suicide-silence/-and-then-she-bled-lyrics/ Suicide Silence - ...And Then She Bled Lyrics]</ref>。