「枠 (多面体)」の版間の差分

関連項目の追加
(関連項目の追加)
[[幾何学]]において'''枠''' (''Vertices'') とは、非凸[[多胞体]]([[星型多角形]]、[[星型多面体]]など)の頂点をつないだときにできる[[図形]]であり、その多胞体が入る最小の[[体積]]の凸多胞体のことをいう。
 
正複合多面体の枠は、[[正多面体]]、[[準正多面体]]になる。[[星型正多面体]]の場合も同様である。[[ダ・ヴィンチの星]]の枠は、もとの正多面体と[[双対多面体|双対]]の関係にある[[多面体]]になる。また、星型の枠は元の立体の双対の関係にあるどちらかになることが多い。
 
== 関連項目 ==
 
*[[芯 (幾何学)|芯]]
*[[星型多角形]]
*[[星型正多角形]]
*[[星型多面体]]
*[[星型正多面体]]
*[[複合多面体]]
*[[複合体 (数学)|複合体]]
*[[ダ・ヴィンチの星]]