メインメニューを開く

差分

編集崩れの修正
}}
'''横山 ノック'''(よこやま ノック、本名 '''山田 勇'''(やまだ いさむ)、[[1932年]][[1月30日]] - [[2007年]][[5月3日]])は、[[お笑いタレント]]、元[[参議院議員]]、元[[都道府県知事|大阪府知事]]。[[兵庫県]][[神戸市]]生まれ。愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。[[立川談志]]一門でもあり、「立川禿談次」という高座名も持つ。個人事務所のやまだ真企画に所属していた。トレードマークは、[[日本電信電話公社|電電公社]]の[[マーク]]。
 
[[島田紳助]]と[[板東英二]]が株式投資の相談をしていた時、通りがかりだったノックは「養命酒、いけるぞー!!」と発言した。早速、板東と紳助は[[養命酒製造]]株式会社の株式を購入したが、養命酒の株価は下落して、結果的に投資は失敗した。後日、紳助が「養命酒(の株を買ったが失敗したので)でエライ目(酷い目)にあいましたよ、養命酒(の株)はいいと教えてくれたのはどこの誰ですか?」とノックに言ったが、ノックは「身体に一番いいんだ!」と返答した。ノックは、ただ「薬味酒の養命酒が健康に良い」と言ったつもりだった。<ref>[http://www.asagei.com/12179 板東英二「紳助の金庫番」裏所業 (2)「横山ノックの情報で大損」アサ芸+]</ref>
 
== 来歴 ==
== 公的場面での通名(芸名)使用について ==
[[国会議員]]は[[行政機関]]の一員ではないため通名使用が認められている。しかし、当時の[[参議院]]では本名使用に限っていたので、「山田勇」名義であった。[[都道府県知事]]は行政機関の一員であるため、公文書等では責任明確化の観点から通名の使用は認められない。このため対外的に法的効果を有する文書等には本名の山田勇が用いられた。これは山田の後任の[[太田房江]](本名は齊藤房江)も同じであり、大阪府では2008年に[[橋下徹]]が知事に就任するまで13年にわたり、公務において本名と通名を使い分ける知事が続くこととなった。また、[[全国知事会]]ウェブサイト上の歴代大阪府知事一覧の名義は横山ノックではなく、本名の山田勇で掲載されている。<ref>太田房江も本名の齊藤で掲載されている一方、千葉県知事の[[森田健作]](本名は鈴木栄治)は芸名の森田で掲載されている。</ref>
 
== エピソード ==
[[島田紳助]]と[[板東英二]]が株式投資の相談をしていた時、通りがかりだったノックは「養命酒、いけるぞー!!」と発言した。早速、板東と紳助は[[養命酒製造]]株式会社の株式を購入したが、養命酒の株価は下落して、結果的に投資は失敗した。後日、紳助が「養命酒(の株を買ったが失敗したので)でエライ目(酷い目)にあいましたよ、養命酒(の株)はいいと教えてくれたのはどこの誰ですか?」とノックに言ったが、ノックは「身体に一番いいんだ!」と返答した。ノックは、ただ「薬味酒の養命酒が健康に良い」と言ったつもりだった。<ref>[http://www.asagei.com/12179 板東英二「紳助の金庫番」裏所業 (2)「横山ノックの情報で大損」アサ芸+]</ref>
 
== 出演番組 ==
1,774

回編集