「ルーテル教会」の版間の差分

教会で保持されるべきものはみ言葉(「聖書」とその福音の正しい説き明かしである「説教」)と二つの[[礼典|聖礼典]]([[洗礼]]と[[聖餐]])であるとする。
 
ただし聖餐は「パン」と「ぶどう酒」の二種陪餐([[正教会]]、[[聖公会]]と同様)であり、[[カトリック教会]]におけるような「パン」のみの一種陪餐とは異なる。
 
信条として
* [[和協信条]]
* [[バルメン宣言]](ドイツ、オーストリアのルター派州教会で信仰告白として採用され始めている)
が採用されている。ただし、シュマルカルド信条、和協信条については信仰告白に含めていない教会も多い。<br />
 
ドイツ、オーストリアの福音主義(ルター派)教会は[[第2次世界大戦]]後、[[告白教会]]を再建の礎として再出発した歴史を持つため、[[バルメン宣言]]が信仰告白に採用され始めている。マルティン・ルターの生涯ゆかりの教会の多くが属している[[中部ドイツ福音主義教会]]においても、バルメン宣言は信仰告白の一部に含められている。ドイツ語圏のルター派教会の場合、バルメン宣言を信仰告白として規定していない州教会においても信仰告白と同様な扱いを受けている。讃美歌集等でも信仰告白文書と同様に扱われている。
 
17,409

回編集