「ラパッロ条約 (1922年)」の版間の差分

m
 
==成立過程==
1922年4月より[[ジェノヴァ]]で開催されていた[[ジェノ会議]]が成立の契機となった。この会議ではソビエト・ロシアの代表も招かれたが、帝政ロシア時代の対外債務([[シベリア鉄道]]の建設など)の返還をめぐってフランス代表と意見が衝突し、この会議を通じたソビエト・ロシアへの国際的な承認も得られることはなかった。この会談の際、ともに[[ヴェルサイユ体制]]から除外されていたドイツとソビエト・ロシアの代表による秘密交渉が行われ、ソ連外務人民委員[[ゲオルギー・チチェーリン]]とその交渉相手であったドイツ外務大臣[[ヴァルター・ラーテナウ]]によって4月16日にラパロ条約が調印された。
 
== 条約の発展 ==
43,829

回編集