「スミソニアン協定」の版間の差分

スミソニアン協定が結ばれた背景には、1971年8月に米国が米ドルの金との交換性を停止したことによる[[ブレトン・ウッズ体制]]の終結がある([[ニクソン・ショック]])。
 
[[1973年]]2月には[[日本]]が[[第2次田中角栄内閣|田中角栄政権]]の[[財務大臣|大蔵大臣]]である[[愛知揆一]]の裁断により[[変動相場制]]に移行することを決め<ref>{{PDFLink|[http://www.otaru-uc.ac.jp/~hanada/sankousiryou/saishuikou.pdf -1- 変動相場制への最終的移行]}} 小樽商科大学:花田功一研究室参考資料</ref>、続く3月には[[欧州共同体|EC諸国]]も変動相場制に移行。ここにおいて、スミソニアン体制は完全に崩壊した。
 
== 協定の内容 ==
17,180

回編集