「トヨタ・ノア」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
:* [[4月20日]] - フルモデルチェンジ時に一旦販売を終了していたスポーツコンバージョンモデル「Si"G's"」を3代目ベースに変更の上、2年3ヶ月ぶりに再投入<ref>{{Cite press release|title=TOYOTA、ヴォクシーならびにノアの“G's”を設定|publisher=トヨタ自動車|date=2016-04-20|url=http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11797166|accessdate=2016-04-20}}</ref>。
:: 2016年の東京オートサロンに出展させていたコンセプトカーの市販バージョンで、3代目ベースの「Si"G's"」は先代の「Si"G's Version EDGE"」に近い仕様となっており、足まわりに全高を約15mmダウンさせた専用チューニングサスペンションをはじめ、専用剛性アップパーツやフロア下空力パーツを採用。外観はフロントフェイス(大型バンパー・グリル)を専用デザインに変更したほか、18インチタイヤには[[ブリヂストン]]製の[[POTENZA]] RE050Aを、18インチアルミホイールには[[エンケイ]]製をそれぞれ採用。内装は専用フロントスポーツシートをスエード調表皮と合成皮革を組み合わせてシルバーステッチを施した仕様に変更し、オプティトロンメーターは高輝度シルバーパネル・レッド照明・「G's」ロゴ入りの専用仕様となった。そのほか、LEDイルミネーションビームや専用リア大型バンパーなどを装備し、左右フェンダーとバックドアには先代同様に「G's」専用エンブレムを装着した。
:* [[7月6日]] - 特別仕様車「Si"W×B(ダブル バイ ビー)"」を発売<ref>{{Cite press release|title=TOYOTA、ヴォクシーならびにノアの特別仕様車を発売|publisher=トヨタ自動車|date=2016-07-06|url=http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/12666440|accessdate=2016-07-06}}</ref>。
:: 「W×B」はWHITEとBLACKの頭文字を掛け合わせたもので、元々[[トヨタ・カローラフィールダー|カローラフィールダー]]のグレード名(2012年12月に特別仕様車として発売し、2015年4月のマイナーチェンジに伴ってカタロググレード化される)として用いられており、同年5月10日[[トヨタ・カローラ|カローラシリーズ]]誕生50周年記念特別仕様車として発売された[[トヨタ・カローラアクシオ|カローラアクシオ]]に続いての設定となる。「Si」をベースに、内装色に特別設定色のブラック×ブラックを採用して天井やピラーなどの内装をブラックで統一したほか、センタークラスターパネル・サイドレジスターベゼル・マルチインフォメーションディスプレイフードにピアノブラック塗装を施した。さらに、ファブリックと合成皮革を組み合わせ、アクセントカラーとしてホワイトのステッチを施した専用シート表皮を採用。外観はフロントグリルのベース部・LEDヘッドランプ・LEDクリアランスランプにブラック塗装を、フロントグリルモールにダークメッキを、フロントフードモール・フロントバンパーロアモールにスモークメッキ、フロントフォグランプにスモークメッキベゼルをそれぞれ採用。ドアハンドル(インサイドのフロント及びアウトサイド)にメッキを施し、ハイボスカル製の専用エンブレムを装着した。機能面ではワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアと[[クルーズコントロール]]を特別装備した。ボディカラーは特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」を含む4色を設定した。本仕様車は、ガソリン車・ハイブリッド車共に設定される。
 
<gallery>
匿名利用者