「ベネディクトゥス3世 (ローマ教皇)」の版間の差分

編集の要約なし
m (リダイレクト回避のため内部リンク変更、DEFAULTSORT→デフォルトソート、File→ファイル、微修正)
'''ベネディクトゥス3世'''(Benedict III、? - [[858年]][[4月17日]])は[[855年]][[9月29日]]から[[858年]][[4月17日]]まで在位した[[ローマ教皇]]。
 
== 概要 ==
彼は教皇に選ばれる前から、学識と敬虔さにおいて定評があった。彼は人々と[[聖職者]]が最初に選んだハドリアヌスが就任を拒否したことから選びなおされた。とある重要人物の一団は異なった候補者、[[アナスタシウス (対立教皇)|アナスタシウス]]を望んだ。この一団はベネディクトゥスの選挙を認めずアナスタシウスを教皇としてたてた。しかし、世論の声は強くベネディクトゥスの[[聖化]]が受け入れられていった。[[ロドヴィコ2世|ルートヴィヒ2世]]の使節たちはベネディクトゥスにアナスタシウスとその支持者を寛容に扱うように強制した。
分裂は皇帝の教皇に対する支配力を、とくにその選挙での支配力を弱めるのを助けた。
匿名利用者