「神風特別攻撃隊」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[ファイル:D4Y3_Yoshinori_Yamaguchi_colorized.jpg|thumb|260px|right|[[エセックス (空母)|空母エセックス]]に突入を試みる神風特攻隊の特攻機]]
[[ファイル:A6M_damaged_by_USS Essex_(CV-9)_1945.jpeg|thumb|260px|right|[[エセックス (空母)|空母エセックス]]に突入を試みる神風特攻隊の特攻機]]
'''神風特別攻撃隊'''(かみかぜとくべつこうげきたい、しんぷうとくべつこうげきたい)は、[[第二次世界大戦]]末期に行われた[[大日本帝国海軍]]の[[航空機]]による[[特別攻撃隊]]である。1944年10月20日に最初の編成があり、[[1945年]][[8月15日]]の終戦まで続けられた。「しんぷう」が正式な読み方であるが、[[訓読み]]の「かみかぜ」が定着する<ref name="昭和時代">{{Cite news|title=連載『昭和時代』 第3部 戦前・戦中期(1926~44年) 第48回「特攻・玉砕」|newspaper=読売新聞|date=2014-02-15|page=18}}</ref>。神風の名称は、一航艦首席参謀[[猪口力平]]中佐が郷里の道場「'''神風(しんぷう)'''流」から取ったものである<ref>金子敏夫『神風特攻の記録』光人社NF文庫p52-53</ref>。「神風特攻隊」「[[神風]]」と略されるほか、アメリカなどでは特攻全般を含めて「カミカゼ」と称されることもある。約3860人の特攻隊飛行士が死亡し、その攻撃のうち約19%が敵船に突撃した
 
'''[[特別攻撃隊|特攻]]全般については「[[特別攻撃隊]]」を参照。
匿名利用者