「醍醐の花見」の版間の差分

m
category
(立項)
 
m (category)
'''醍醐の花見'''(だいごのはなみ)とは、慶長3年([[1598年]])春に[[豊臣秀吉]]([[1536年]]または[[1537年]]~[[1598年]])が[[京都]]の[[醍醐寺]]において、[[豊臣秀頼]]、[[北政所]]、[[淀殿]]ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の者など約1300名を従えて盛大に催した[[花見]]の宴である。
 
応仁・文明の乱のあと荒れ果てていた醍醐寺を復興した中興の祖、第80代[[座主]]である[[義演准后]](ぎえんじゅごう)([[1558年]]~[[1626年]])は、豊臣秀吉の[[帰依]]を得て良好な関係を築いていたが、秀吉の最期が近いことを感じ取り、一代の華美な英雄の最後にふさわしい大舞台をしつらえるために、あちこちにそれとなく手配をしてこの醍醐の花見を催させたともいう。ちなみに秀吉はこの約半年後に没する。
*[[花見]]
*[[豊臣秀吉]]
 
[[Category:安土桃山時代|たいこのはなみ]]
[[Category:京都府の歴史|たいこのはなみ]]