「セレフェディン・サボンジュール」の版間の差分

pl:ŞerafeddinSabuncuoğlu oldid=44482485 一部を翻訳
(en:Şerafeddin Sabuncuoğlu oldid=71086558 一部を翻訳)
 
(pl:ŞerafeddinSabuncuoğlu oldid=44482485 一部を翻訳)
|signature =
}}
[[File:Circumcision Sabuncuoğlu.jpg|left|thumbnail|180px|セレフェディンが[[割礼]]手術に用いていた二種類のハサミが描かれた文書資料]]
[[File:Sabuncuoglu.jpg|thumb|肛門狭窄(きょうさく)を患った子供に人工肛門を取り付けるサボンジュール。]]
[[File:Hydrocephalus Sabuncuoğlu.jpg|thumb|水頭症の治療法を、ミニチュア模型で患者に説明するサボンジュール。]]
'''セレフェディン・サボンジュール''' (1385–1468年) ([[オスマン語|オスマントルコ語]]: شرف الدّین صابونجی اوغلی)は、[[中世]][[オスマン帝国]]の[[外科学|外科医]]である<ref name=Basagaoglu2006>{{cite journal|last=Basagaoglu|first=I|author2=Karaca, S |author3=Salihoglu, Z|title=Anesthesia techniques in the fifteenth century by Serafeddin Sabuncuoglu|journal=Anesthesia and Analgesia|date=April 2006 |volume=102 |issue=4| pages=1289|pmid=16551944|doi=10.1213/01.ANE.0000199205.23697.F6}}</ref><ref>Sungur, Mukadder. "Anaesthesia and surgery in 15th century in Anatolia: Art and Illustrations of Serefeddin Sabuncuoglu." Anestezjologia i Ratownictwo 3 (2009) 10-12.Anesthesiology and Rescue Medicine - Poland and the world. Web. 7 March 2010.</ref>。
 
== 概要 ==
セレフェディサボジュールは、15世紀頃にオスマン帝国の[[アマスィヤ]]という地域に在住していた。当時のアマスィヤは、商業、文化、芸術が栄えており、オスマンの中心地であった。セレフェディサボジュールは、この地域で[[1308年]]に開業されたアマスィヤ中央病院に弟子入りし、[[薬草]]の治療術を学んだ。
[[File:Circumcision Sabuncuoğlu.jpg|left|thumbnail|180px|セレフェディンが[[割礼]]手術に用いていた二種類のハサミが描かれた文書資料]]
セレフェディンは、15世紀頃にオスマン帝国の[[アマスィヤ]]という地域に在住していた。当時のアマスィヤは、商業、文化、芸術が栄えており、オスマンの中心地であった。セレフェディンは、この地域で[[1308年]]に開業されたアマスィヤ中央病院に弟子入りし、[[薬草]]の治療術を学んだ。
 
==脚注==