「宮本文昭」の版間の差分

[[東京都]][[港区 (東京都)|港区]]出身。[[桐朋女子高等学校]]音楽科卒業後、[[ドイツ]]に渡り、北西ドイツ音楽アカデミーに学ぶ。[[エッセン市立交響楽団]]、[[フランクフルト放送交響楽団]]を経て、[[ケルン放送交響楽団]]首席オーボエ奏者を歴任。父はテノール歌手の[[宮本正]]、娘はヴァイオリニストの[[宮本笑里]]<ref>{{Cite news |title=テノール歌手・宮本正さん死去 宮本笑里さんの祖父 |url=http://www.asahi.com/articles/ASG363JXZG36UCLV002.html |date=2014-03-06 |newspaper=朝日新聞デジタル |publisher=朝日新聞社 |accessdate=2014-12-08}}</ref>。桐朋高校では[[鈴木清三]]に師事し、ドイツでは[[ヘルムート・ヴィンシャーマン]]師事した。
 
日本でのデビューは[[1972年]]末に行った、クラリネットの[[村井祐児]]その他のグループでの室内楽演奏会。翌[[1973年]]夏に初のリサイタルを行い、その後ドイツ在任中も頻繁に日本でのリサイタル、室内楽、ポップ・ライヴなどを続けた。[[サイトウ・キネン・オーケストラ]]の主要メンバーでもあった
 
[[連続テレビ小説|NHK朝の連続テレビ小説]]『[[あすか (テレビドラマ)|あすか]]』のテーマ曲「風笛(かざぶえ)」の演奏や、数々の[[コマーシャルメッセージ|CM]]曲の演奏、CM出演でも有名。[[ソニークラシカル]]他より25枚以上のアルバムをリリースしており、しかもその半分以上は純粋なクラシックではなく、ヒーリングミュージックに近いものであり、他の奏者とは一線を画している。
匿名利用者