「信仰主義」の版間の差分

文章の改善
m (信仰主義#パスカルと信仰主義の、「パンセ」の翻訳を少し訂正した。)
(文章の改善)
'''信仰主義''' は、[[信仰]]と[[理性]]は独立したものである、という[[認識論]]の理論である。信仰と理性は相反するものであり、特定の[[真実]]にたどり着くためには、信仰の方が重要であると主張される。{{Sfn | Amesbury | 2005}}
 
[[神学者]]や[[哲学者]]は、[[形而上学]]的な事柄、[[道徳]]、[[宗教]]的[[信念]]の真実を捉える際に、様々な方法で信仰と理性を考察してきた。
[[神学者]]や[[哲学者]]は、[[形而上学]]的な事柄、[[道徳]]、[[宗教]]的[[信念]]の真実を捉える際に、様々な方法で信仰と理性を考察してきたが、信仰主義は一般的に次の四人の哲学者に帰するとされる。 それはすなわち、[[パスカル]]、[[セーレン・キェルケゴール]]、[[ウィリアム・ジェームズ]]、[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]である。信仰主義は反対論者によって否定的なイメージを付されることがあり、また、信仰主義にも多くの形態があるので、ある形態の信仰主義が必ずしも支持されるわけではない。 {{Sfn | Amesbury | 2005 | loc = [http://plato.stanford.edu/entries/fideism/#2.2 section 2.2]}} <ref name = Quinn2000>{{Citation | editor-last = Quinn | editor-first = Philip L | last = Taliaferro | first = Charles | year = 2000 | title = A companion to philosophy of religion | page = 376 | url = http://books.google.com/?id=9X-3sPj9m34C&pg=PA376 | isbn = 0-631-21328-7 | publisher = Blackwell | location = Malden, MA}}</ref>
 
信仰主義は一般的に次の四人の哲学者に帰するとされる。
* [[パスカル]]
 
* [[セーレン・キェルケゴール]]
 
* [[ウィリアム・ジェームズ]]
 
* [[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]
 
[[神学者]]や[[哲学者]]は、[[形而上学]]的な事柄、[[道徳]]、[[宗教]]的[[信念]]の真実を捉える際に、様々な方法で信仰と理性を考察してきたが、信仰主義は一般的次の四人の哲学者に帰するとされる。 それすなわち、[[パスカル]]、[[セーレン・キェルケゴール]]、[[ウィリアム・ジェームズ]]、[[ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン]]である。信仰主義は反対論者によって否定的なイメージを付されることがあり、また、信仰主義にも多くの形態があるので、ある形態の信仰主義が必ずしも支持されるわけではない。 {{Sfn | Amesbury | 2005 | loc = [http://plato.stanford.edu/entries/fideism/#2.2 section 2.2]}} <ref name = "Quinn2000">{{Citation | editor-last = Quinn | editor-first = Philip L | last = Taliaferro | first = Charles | year = 2000 | title = A companion to philosophy of religion | page = 376 | url = http://books.google.com/?id=9X-3sPj9m34C&pg=PA376 | isbn = 0-631-21328-7 | publisher = Blackwell | location = Malden, MA}}</ref>
 
== 概説 ==
{{仮リンク|アルバン・プランティンガ|en|Alvin Plantinga}}は信仰主義を、「信仰のみへの排他的あるいは根本的な依存であり、その依存がゆえに結果理性が軽視されることとなりとりわけ哲学的あるいは宗教的な真実を追究するために利用される」と述べている。信仰主義者はそれゆえに「哲学的で宗教的な事柄においては、理性よりも信仰に依存することを促す」のであり、それゆえに理性の訴えを軽視することがある。{{Refn | Plantinga, Alvin (1983). "Reason and Belief in God" in Alvin Plantinga and Nicholas Wolterstorff (eds.), ''Faith and Rationality: Reason and Belief in God'', page 87. (Notre Dame: University of Notre Dame Press).{{Sfn | Amesbury | 2005 | loc = [http://plato.stanford.edu/entries/fideism/#1 section 1]}}}}信仰主義者は万物に共通するとりわけ真実を探求する。そして理性はある種の真実には到達し得ず、それらの真実には信仰をもってのみたどり着くことができると断言主張する。{{Sfn | Amesbury | 2005 | loc = [http://plato.stanford.edu/entries/fideism/#1 section 1]}}プランティンガの定義は、信仰主義者が反対するのは「理性」それ自身ではなく、根拠がない信念は持つべきでないという{{仮リンク|証拠主義|en|evidentialism}}である、と言い換えることができる。
 
=== 歴史 ===
 
===テルトゥリアヌス「不合理なるがゆえに我信ず」===
''Credo quia absurdum'' ([[英語|英]]:I believe because it is absurd [[日本語|日]]:不合理なるがゆえに我信ず)という言葉は、しばしば[[テルトゥリアヌス]]のものであるとされる。しかしこれは、テルトゥリアヌスの''De Carne Christi'' ([[英語|英]]:On the Flesh of Christ)という書からの誤った引用であると考えられる。<ref>{{Cite book|title= Beyond Fideism: Negotiable Religious Identities| url= http://books.google.com/books?id=tyTSs_dqwkcC | publisher= Ashgate| year= 2010| first = Olli-Pekka | last = Vainio| page= 25 | series = Transcending boundaries in philosophy and theology | ISBN = 978-1-40940679-2}}</ref>テルトゥリアヌスが実際にDCC 5で記したことは、「......神の子は死んだ。それは信じるほかない、なぜなら、それは不合理であるからだ。」<ref>{{citation | url = http://www.newadvent.org/fathers/0315.htm | last = Tertullian | publisher = New Advent | title = On the Flesh of Christ | series = Fathers}}.</ref>
 
しかしながらこれは、信仰主義の立場から述べられたものではない。テルトゥリアヌスは知的傲慢や哲学の悪用を批判していたが、同時に、信仰を守るためには理性が有用であると信じていたためである。 {{Sfn | Amesbury | 2005}}<ref>{{cite book| title= Tertullian, First Theologian of the West| first =Eric | last = Osborn | publisher=Cambridge University Press|year=2003|page= 28}}</ref>
無論、パスカルの命題は特定の神に制限されたものではないが、彼自身はキリスト教の神を前提としていた。以下、そのことが述べられている文章を、彼の著作である[[パンセ]]より引用する。
 
{{Quote |信仰の理由を説明できないからといって、それで一体誰がキリスト教徒を非難できるというのか。キリスト教徒が自らの信仰を事細かに説明したというのに、人々はそれを"馬鹿げていること"([[ラテン語|羅]]:''stultitiam'')だと言う。証明できないからといって、不平をこぼすのか。もしキリスト教徒がそれを説明できてしまうなら、彼らはたちまち信仰を失うだろう。彼らが思慮分別のあることを示すのは、信仰が証明できないものであるからだ。 | ''パンセ'', nº 233}}
 
パスカルはさらに、神の存在を示す様々な証明に関して、見当違いであるとして異議を唱えた。もし証明が正しいとしても、証明のために仮定された存在が伝統的に信仰対象であった神とそぐわず、それらは神の啓示容易よる宗教ではなく、[[理神論]]へとつながってしまうのである。<ref>{{Citation | title = Pensées | last = Pascal | first = Blaise | language = French | trans_title = Thoughts | publisher = Charles Louandre | place = Paris | year = 1854 | page = 40}}.</ref>
 
== 参考文献 ==
84

回編集