「近藤貞雄」の版間の差分

編集の要約なし
m (全角マイナスの「-」→長音符号の「ー」)
'''近藤 貞雄'''(こんどう さだお、[[1925年]][[10月2日]] - [[2006年]][[1月2日]])は、[[プロ野球選手]]([[投手]])・指導者・[[プロ野球監督|監督]]、[[野球解説者]]。
 
現役時代は[[西鉄軍]]、[[読売ジャイアンツ|巨人]]、[[中日ドラゴンズ|中日・名古屋]]で活躍し、引退後は中日、[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]、[[横浜DeNAベイスターズ|大洋]]、[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]]のコーチ・監督を歴任した。[[ABO式血液型|血液型]]は[[ABO式血液型|A型]]
 
中日では、選手・コーチ・監督という異なる立場で優勝を経験した。
1982年のシーズン最終戦、優勝を賭けた試合前にベンチ裏にビールをずらりと並べ、緊張するナインに「ぐいっと引っかけて度胸を据えて行け」と言ったが、ナインは誰も手を付けず、近藤一人だけが飲んでいたという逸話がある<ref>[[玉木正之]]「プロ野球大事典」[[新潮文庫]]</ref>が、[[鈴木孝政]]が「(この試合は[[小松辰雄]]が完投した事もあり、)用なしだから裏でビールを飲んでた」と発言している<ref>「中日ドラゴンズ 黄金時代の記憶」[[ベースボール・マガジン社]]</ref>。
 
1981年にコーチ兼任になった[[星野仙一]]とはもとより信頼関係は低かったが、中日が優勝した1982年には、登録抹消はされなかったものの衰えが顕著になり登板機会が大幅に減少した。同年6月30日ナゴヤ球場での巨人戦9回表4対2で2点リードの場面で星野が通算3割3分以上打たれている苦手打者[[淡口憲治]]から同点本塁打を打たれる。牛島和彦に後を譲り降板<ref name="ザ・捕手 〜私が出会った監督・選手たち"/>。近藤は星野に「星野はもう先発要ではない。リリーフに回れ」と話したが、[[木俣達彦]]によるとは「先発、完投を生きがいにしてきた星野にとって自分をすべて否定された思いに違いないと記している<ref name="ザ・捕手 〜私が出会った監督・選手たち"/>。先発を外されたうえに、リリーフは牛島の指定席とあって、星野はこの年をもって引退する<ref name="ザ・捕手 〜私が出会った監督・選手たち"/>。結局このことも相まって、確執に輪をかけた。星野はその後も二度中日監督を務めるなど球団内で圧倒的な権力を誇っていた。しかし彼はが、阪神監督就任の際に中日OB会を除名されることとなった。近藤は「(中日OB会から)星野を追い出したのが俺の最大の功績だ」と親しい知人に漏らしていた<ref>[[板東英二]]著、「プロ野球知らなきゃ損する」、青春出版社 1984年</ref>。こうした経緯から、星野は近藤の訃報を聞いても通夜・葬儀への出席をしなかったが、死去翌日の一部新聞([[読売新聞]][[読売新聞大阪本社|大阪本社]]版等)には追悼のコメントを寄せていた。星野が監督1年目の開幕投手に[[杉本正 (野球)|杉本正]]を起用したが、これに対して近藤は開幕投手の指名は「今年のエースはお前だ。シーズンを通して頼りにしてるぞ」という監督の意思表示だ。とすれば、小松しかいない。それが杉本だった。杉本もいい投手だが、シーズン通て頼れる投手ではない。第一戦杉本で負けて、第二戦鈴木孝政でも負けた。杉本の開幕投手は外部から分からない事情があったかもしれない。第三戦で登場した小松はプライドを傷つけられはしなかったろうかと述べている<ref>『野球はダンディズム』、1988年、65、66頁</ref>。<br />しかし、近藤は、著書で星野について、現役時代や監督としての姿勢を高く評価しており、前述の1982年の引退勧告も、これからの中日のメリットのことを考えてのことだったこともあり、複雑な心境だったと述べていた<ref>『退場がこわくて野球ができるか』より</ref>。
 
また、監督就任時には[[高木守道|髙木守道]]に「君はいいコーチになれるよ」と言い、引退するように仕向けて実現させており、星野と同年には[[木俣達彦]]も引退させている。同年5月23日大洋戦で9回裏9対6で3点リードの場面で鈴木孝政が[[長崎慶一]]にサヨナラ満塁本塁打を打たれる。リードしていた木俣を近藤がリードに問題ありと断罪され、翌日新人の[[中尾孝義]]にマスクを譲り、木俣は代打に専念にするように告げられる<ref name="ザ・捕手 〜私が出会った監督・選手たち"/>。近藤が起用した中尾は同年MVPを獲得している。代わって投は小松辰雄や牛島ら、打は平野謙らを登用している。投打共に球団のスター選手を引退させ、世代交代を進める役回りを果たしたと言える。