「中﨑翔太」の版間の差分

== 選手としての特徴・人物 ==
[[スリークォーター]]気味に押し出すフォームが特徴<ref name="weeklybaseball20131111">「週刊ベースボール」 2013年11月11日号【2013ドラフト総決算号】[[ベースボール・マガジン社]] [[EANコード#JANコードの規格・構成|JANコード]]:4910204421135</ref>。プロ入り当初は最速149km/hの[[カット・ファスト・ボール|カット気味のストレート]]と縦の[[スライダー (球種)|スライダー]]に[[チェンジアップ]]や[[カーブ (球種)|カーブ]]を織り交ぜていたが<ref>{{Cite web |url=http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/09/kiji/K20130609005973970.html |title=広島・中崎 マエケン不在救った 7回無失点2勝目 |publisher=スポニチ Sponichi Annex |date=2013-06-09 |accessdate=2013-06-25}}</ref>、
リリーフ転向後、ストレート最速は153km/hに伸ばし<ref>{{Cite web |url=http://www.daily.co.jp/baseball/carp/20142015/1210/2226/00076025870008512632.shtml |title=守護神候補の中崎 飛躍へ!来季テーマは「圧」防御率0点台誓った |publisher=デイリースポーツ |date=20142015-1210-2225 |accessdate=2016-07-18}}</ref><!--155km/hに伸ばし(出典要求)-->、直球と球速の差が少ない[[シュート (球種)|シュート]]、未完成だか135km/h前後の[[フォークボール]]などを持ち球に加えた<ref name="CARPTIMES20150917">[[中国新聞]]2015年9月17日朝刊分、月刊付録 CARP TIMES内 特集 中崎翔太ロングインタビュー [[中国新聞社]]</ref>。
 
マウンド上で見せる強く睨みを効かせた表情と、日常での穏やかな顔とのギャップがトレードマークとなっている。これは2014年の監督、[[野村謙二郎]]から[[戸田隆矢]]と共に二人して打ち込まれた試合の後に受けた、「お前は優しい顔をしているから意識して怖い顔を作るようにしろ」とのアドバイスから作ったもの。また、同時に「2人とも強い球を、コースはどこでもいいから膝の高さに投げろ。インコースとかアウトコースとかは問わない。困った時は膝の高さに一番強い球を投げるんだ。」とも話され、それが以降の力強い直球を主体とした投球に繋がっている<ref>{{Cite book|和書|author=[[野村謙二郎]]|year=2015|title=変わるしかなかった|publisher=広島アスリートマガジン編集部|id=ISBN 978-4-584-13627-0}}</ref>。
336

回編集