「国道425号」の版間の差分

路線状況加筆、+参考文献
m
(路線状況加筆、+参考文献)
 
== 概要 ==
[[紀伊半島]]の海岸沿いに走る国道42号に対し、紀伊半島の和歌山県側の御坊市と、三重県側の尾鷲市を東西にショートカットして[[紀伊山地]]を山越えする道路である<ref name="松波2008">[[#酷道をゆく|松波成行 2008]], pp. 14-15.</ref>。路線の途中は、[[奈良県]]吉野地方南部の[[十津川村]]、[[下北山村]]を横断し、吉野を南北に縦貫する[[国道168号]]、[[国道169号|169号]]と交差する。御坊市龍神村を除いて道路改良がほとんど進んでいない国道として知られており、俗に言う「[[酷道]]」のひとつにあげられている{{sfn|佐藤健太郎|2014|pp=76-78}}。
=== 路線データ ===
一般国道の路線を指定する政令<ref>{{Cite web|url=http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE058.html|title=一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)|work=法令データ提供システム|publisher=[[総務省]][[行政管理局]]|accessdate=2012年10月31日}}</ref>に基づく起終点および経過地は次のとおり。
 
== 路線状況 ==
御坊市及び印南町内の一部区間を除き、全線に渡り離合困難な場所が多くかつ[[ガードレール]]が設置されていない箇所も多い上に<ref name="松波2008"/>、悪路で落石や路肩崩落等の災害も多い。特に奈良・和歌山県境の[[牛廻越]]を含む区間、国道昇格以前は[[林道]]であったことから1車線の狭隘道路が続き<ref name="松波2008"/>、近畿では[[国道308号]]の[[暗峠]]、[[国道477号]]の百井別れと並び酷道のひとつにあげられている。[[岐阜県]]の[[国道418号]]や[[四国]]の[[国道439号]]と並ぶ{{要出典範囲|「'''日本三大酷道路線'''」とまで言われる|date=2013年2月}}こともある。交差する抜け道が少ないうえ、対向不能な区間があったり、沿線に店舗やガソリンスタンドがほとんど見当たらない状況などから、運転に十分に慣れていない者は安易に通行しないほうが良いと評されるほどである{{sfn|佐藤健太郎|2014|pp=76-78}}。
 
[[土砂災害]]を原因とする死亡事故が過去に何度か発生しており、近年では[[2006年]](平成18年)[[12月16日]]19時半頃に奈良県吉野郡十津川村小山手で土砂崩れによる同村内の22歳〈当時〉男性運転の自動車転落死亡事故が発生している。
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=佐藤健太郎|authorlink=佐藤健太郎 (フリーライター)|year=2014|title=ふしぎな国道|publisher=[[講談社]]|series=講談社現代新書|isbn=978-4-06-288282-8|ref=harv}}
* {{Cite journal |和書|author =松波成行|author2 =渡辺郁麻<!--|author3 =金町ゴールデン|author4 =大山顕|author5 =dark-RX|author6 =古澤誠一郎-->|title =国道418号 |date =2008-03-20 |publisher =[[イカロス出版]] |journal =酷道をゆく |pages=14-19|ISBN=978-4-86320-025-8|ref =酷道をゆく }}
* 『マップル広域版-全日本道路地図』[[昭文社]]. 1992年5月第10版. ISBN 4-398-30030-9
 
16,709

回編集