「チャタレー事件」の版間の差分

m
概要が第二審までしか書かれていない中途半端なものだったため最高裁での上告棄却と判決確定を追記
m (概要が第二審までしか書かれていない中途半端なものだったため最高裁での上告棄却と判決確定を追記)
== 概要 ==
[[File:Ito Sei and Oyama Hisajiro.JPG|thumb|200px|小山(左)と伊藤(右)]]
『チャタレイ夫人の恋人』には露骨な性的描写があったが、出版社社長も度を越えていることを理解しながらも出版した。[[6月26日]]、当該作品は押収され<ref name="iwanami80">[http://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=14340&query=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%95%B4 岩波書店株式会社『岩波書店八十年』(1996.12)]</ref>、[[7月8日]]、発禁となり<ref name="iwanami80">[http://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=14340&query=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%95%B4 岩波書店株式会社『岩波書店八十年』(1996.12)]</ref>、作者の伊藤と出版社社長は当該作品にはわいせつな描写があることを知りながら共謀して販売したとして、[[9月13日]]<ref name="iwanami80">[http://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=14340&query=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%95%B4 岩波書店株式会社『岩波書店八十年』(1996.12)]</ref>、刑法第175条違反で起訴された。第一審(東京地方裁判所昭和27年1月18日判決)では出版社社長小山久二郎を罰金25万円に処する有罪判決、伊藤を無罪としたが、第二審(東京高等裁判所昭和27年12月10日判決)では[[被告人]]小山久二郎を罰金25万円に、同伊藤整を罰金10万円に処する有罪判決としたため、両名[[上告]]したが最高裁判所は昭和32年3月13日に上告を棄却し、有罪判決が確定した。
 
=== 弁護人について ===
51

回編集