「宏智正覚」の版間の差分

編集の要約なし
'''宏智正覚'''(わんし しょうがく、[[1091年]]([[元祐]]6年) - [[1157年]]([[紹興 (宋)|紹興]]27年))は、[[中国]]の[[宋 (王朝)|宋代]]の[[禅]]僧。[[曹洞宗]]に属し、多くの弟子がいて[[宏智派]]の祖とされた。[[黙照禅]]という[[坐禅]]の形を正統のものと主張し、多くの詩偈を残した。
 
== 真の禅法をめぐって ==
[[臨済宗]]に属した[[大慧宗杲]]と、真の禅法をめぐって激しく対立した。正覚は、[[仏性]]は本来的にすべての者に具有されており、坐禅すること自体が坐禅の目的であるような自己完結的な禅法の中でその事実に気付くことこそが[[悟り]]の要であるとして、[[公案]]を用いない曹洞宗の禅法を擁護した。対立する宗杲は、公案を用いることによって言語による思考を限界に追い詰め、そこに大きな疑問を抱えつつ坐禅して言語を超越した悟りへと向かうという禅法を正しいものと認めたので、正覚はこれを「[[看話禅]]」と呼んで批判した。
 
<center><table border = 1><tr><td width = 30% align = center>師:<td width = 40% align = center>[[禅宗]]([[曹洞宗]])<td width = 30% align = center>弟子:</table></center>
{{Buddhism-stub}}
{{Peoplereli-bio-stub}}
{{禅}}
 
匿名利用者