「アジアロシア」の版間の差分

m
bot: 解消済み仮リンクウラル経済地区西シベリア経済地区東シベリア経済地区極東経済地区を内部リンクに置き換えます
m (→‎top: 「領地の内」→「領土のうち」)
m (bot: 解消済み仮リンクウラル経済地区西シベリア経済地区東シベリア経済地区極東経済地区を内部リンクに置き換えます)
平均人口密度は[[ヨーロッパロシア]]よりも非常に低く、1.9人/[[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]]と世界でも有数の人口密度の低い地域である(ロシア連邦全体の平均は8.3人/[[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]])。{{仮リンク|2010年全ロシア国勢調査|en|Russian Census (2010)}}によると、アジアロシアに在住している人口は2555万人となっている<ref>{{Cite web|url=http://www.demographia.ru/articles_N/index.html?idR=21&idArt=1889|title=Предварительные итоги Переписи-2010|publisher=demographia.ru|date=2011-03-30|accessdate=2013-03-29}}</ref>。
 
アジアロシアの内、人口が50万人以上の都市は[[ノヴォシビルスク]]、[[エカテリンブルク]]、[[チェリャビンスク]]、[[オムスク]]、[[クラスノヤルスク]]、[[チュメニ]]、[[ウラジオストク]]、[[ハバロフスク]]、[[イルクーツク]]、[[ノヴォクズネツク]]、[[バルナウル]]、[[ケメロヴォ]]、[[トムスク]]となっている。アジアロシアには{{仮リンク|[[ウラル経済地区|en|Ural economic region}}]]{{仮リンク|[[西シベリア経済地区|en|West Siberian economic region}}]]{{仮リンク|[[東シベリア経済地区|en|East Siberian economic region}}]]{{仮リンク|[[極東経済地区|en|Far Eastern economic region}}]]と4つの[[ロシアの経済地区|経済地区]]がある。
 
==語源==
465,421

回編集