「杜恕」の版間の差分

編集の要約なし
[[嘉平 (魏)|嘉平]]元年([[249年]])、[[鮮卑]]族の子息が法令に違反したため、杜恕はその子の1人を斬ったが、報告書を提出しなかった。程喜は司馬の宋権を使って、弾劾しないことを条件として、自分に迎合するよう促してきた。しかし杜恕はそれを聞かなかった。この時の手紙によれば、当時52歳であったという(『杜氏新書』)。
 
程喜の弾劾により、杜恕は[[廷尉]]の元に送られ一時死罪となったが、父の功績に免じて死一等を減じられ平民となり、章武郡に移された。[[陳留郡]]の阮武は杜恕に対し、暇な身分となったのだから、独創的な見解を研くべきだと勧めた。杜恕は配所で8節の『体論』と1篇の『興性論』という書を残し、嘉平4年(252年)にそこで亡くなった。
 
[[甘露 (魏)|甘露]]2年([[257年]])、河東の楽詳という人物が杜畿の功績について上奏したため、遺子の杜預が豊楽亭侯に採り立てられている。
匿名利用者