「傅幹」の版間の差分

編集の要約なし
幼年期は父が[[天水|漢陽]][[太守]]を務めていたため、西涼にいた。[[中平]]4年([[187年]])、当時の涼州[[刺史]]耿鄙の悪政に反乱した異民族により、漢陽城が包囲された。当時13歳だった傅幹が父に降伏を勧めたものの、父はその進言を拒否し部下に傅幹の後事を託し戦死した。
 
傅幹はその後、元耿鄙の部下であった[[馬騰]]に仕えた。[[建安 (漢)|建安]]7年([[202年]])、馬騰が[[冀州]]の[[袁尚]]や[[并州]]の[[高幹]]と手を結んでび、[[曹操]]に対抗しようとすると
『徳に順じる者は盛え、徳に逆らう者は滅ぶ』と言います。曹公は天子を奉じて暴乱を除き、法令は明らかで上下が団結しています。これは順徳の者であることを現しております。袁氏は強大な家系に頼り、朝廷に背き、胡虜([[匈奴]])を使って[[中原]]を侵略させています。これは逆徳の者である証拠です。将軍は今、朝廷に仕えながら袁氏にも通じようとしています。元々、将軍は中原の成り行きを見守るおつもりだったはずです。今後、曹氏と袁氏の勝敗が決したら、朝廷は将軍の罪を責める詔を発し、真っ先に将軍を誅滅するでしょうと進言した。
これを聞いた馬騰が恐れ始めると「智者は禍を福に転じるものです。今、曹公は袁氏と戦い、高幹・[[郭援]]が河東を攻撃しています。曹公に万全の計があっても、河東の危機を脱することは難しいでしょう。将軍がこの機に高幹等を討てば、袁氏の片腕を破ることになり、曹公の危機を除くことができます。曹公が必ず将軍に感謝し、将軍の功名は比類なきものになるはずす」と諌め、曹操への敵対を思い留まらせた。これにより馬騰は、子の[[馬超]]や[[ホウ徳|龐徳]]を曹操の援軍に派遣ょう、高幹・郭援の軍を撃破した
 
その後、傅幹は曹操配下に転じた。建安17年([[212年]])、[[劉備]]が[[益州]]の[[劉璋]]を攻撃すると、曹操配下の[[丞相]]掾である趙戩が「劉備に平定は無理だ」と主張したが、徴士となっていた傅幹は「劉備の器量に加え、[[諸葛亮]]・[[関羽]]・[[張飛]]の3人の補佐があるため、平定に成功する」と反論した。そして事実、傅幹の言う通りとなった。
『徳に順じる者は盛え、徳に逆らう者は滅ぶ』と言います。曹公は天子を奉じて暴乱を除き、法令は明らかで上下が団結しています。これは順徳の者であることを現しております。袁氏は強大な家系に頼り、朝廷に背き、胡虜([[匈奴]])を使って[[中原]]を侵略させています。これは逆徳の者である証拠です。将軍は今、朝廷に仕えながら袁氏にも通じようとしています。元々、将軍は中原の成り行きを見守るおつもりだったはずです。今後、曹氏と袁氏の勝敗が決したら、朝廷は将軍の罪を責める詔を発し、真っ先に将軍を誅滅するでしょう。」
 
馬騰が恐れ始めると「智者は禍を福に転じるものです。今、曹公は袁氏と戦い、高幹・[[郭援]]が河東を攻撃しています。曹公に万全の計があっても、河東の危機を脱することは難しいでしょう。将軍がこの機に高幹等を討てば、袁氏の片腕を破ることになり、曹公の危機を除くことができます。曹公が必ず将軍に感謝し、将軍の功名は比類なきものになるでしょう。」
 
傅幹は諌めて曹操への敵対を思い留まらせた。これにより馬騰は、子の[[馬超]]や[[ホウ徳|龐徳]]を曹操の援軍に派遣し、高幹・郭援の軍を撃破した。
 
その後、傅幹は曹操配下に転じた。建安17年([[212年]])、[[劉備]]が[[益州]]の[[劉璋]]を攻撃すると、曹操配下の[[丞相]]掾である趙戩が「劉備に平定は無理だ」と主張したが、徴士となっていた傅幹は「劉備の器量に加え、[[諸葛亮]]・[[関羽]]・[[張飛]]の3人の補佐があるため、平定に成功する」と反論した。そして事実、傅幹の言う通りとなった。
 
建安19年([[214年]])秋7月、曹操が[[孫権]]を討伐しようとすると、参軍となっていた傅幹は、徳をもって懐柔するのが良いとして征伐を諌めたが、聞き入れられなかった。結局この征伐は、捗捗しい戦果を残せずに終わっている。
匿名利用者