「鮑信」の版間の差分

編集の要約なし
[[霊帝 (漢)|霊帝]]の時代、[[何進]]の招聘を受け[[騎都尉]]となった。[[十常侍]]と対決することを決意した何進の命令で、同郷の[[王匡 (河内太守)|王匡]]と共に故郷に戻り兵を募ったという(『後漢書』)。しかし成皋の地に辿り着いたところで、何進が暗殺されたことを知った(鮑勛伝の引く『魏書』)。
 
鮑信が兵を連れて戻ると、何進と十常侍が共に滅んでおり、[[董卓]]が軍勢を率いて都に入っていた。鮑信が董卓の専横を予見し、[[袁紹]]に董卓を襲撃するよう進言したが、袁紹は実行しなかった。そこで鮑信は郷里に帰り、二万の歩兵・七百の騎兵・輜重五千余りを集めた(鮑勛伝の引く『魏書』董卓伝)。董卓討伐の同盟([[陽人の戦い#反董卓連合軍|反董卓連合軍]])が結成された時、鮑信は[[済北郡|済北]]国の相となっていたが(『後漢書』・武帝紀<ref>鮑勛伝の引く『魏書』においては、袁紹が冀州を手中にした後に、曹操に推挙されたことになっている。</ref>)、討伐軍に参加し、袁紹を盟主として関東の諸侯と盟約を結んだ(『後漢書』・武帝紀)。鮑信は袁紹と[[曹操]]から行破虜将軍に推挙・上表された(鮑勛伝の引く『魏書』)。
 
鮑信は[[劉岱 (東莱)|劉岱]]・[[張バク|張邈]]・[[張超 (広陵太守)|張超]]・[[袁遺]]・[[橋瑁]]と共に酸棗に駐屯した。酒宴ばかりで戦をしようとしない諸侯に対し、曹操は戦をするよう訴えた(武帝紀)。鮑信は曹操の求めに応じ共に戦ったが、董卓の派遣した[[徐栄]]に大敗、弟が戦死し自身も重傷を負った(鮑勛伝の引く『魏書』)。まもなく兵糧が尽きて酸棗の軍勢が解散したため、鮑信も任地に帰還した(「後漢書』)。
 
袁紹が[[冀州]]を取り強勢となると、鮑信は袁紹が第二の董卓となりそうであるから警戒すべきとして、曹操に対し[[黄河]]の南を平定し、力を蓄え時を待つべきであると進言した(鮑勛伝の引く『魏書』)。曹操は[[東郡]][[太守]]になると、再び鮑信を済北国の相に推挙した(鮑勛伝の引く『魏書』)。
 
[[青州]][[黄巾賊]]が兗州に侵入すると、直ちに討伐しようとする劉岱に自重を勧めたが、劉岱はこれを聞かずに黄巾賊と戦い戦死した。[[陳宮]]は曹操を兗州[[牧]]に推戴するため、兗州の別駕従事や治中従事を説得した。鮑信らはその意見に賛同し、曹操を兗州牧に迎えた。
匿名利用者