「ソナチネ (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
==ストーリー==
広域[[暴力団]]・北島組の友好団体・中松組が、沖縄の阿南組と戦争になった。そこで北島組組長の北島とその幹部の高橋は、北島組傘下の村川組組長の村川に、「[[手打ち]]になるだろうから何人か組員を連れて、中松を助けろ」と命令する。
 
数日後、沖縄に上陸した村川達は上陸早々、阿南組による事務所の爆破や銃撃で多数の組員を失う。危機を恐れた村川達は市街から離れ、沖縄の最先端にある中松組の隠れ家ヘ避難した。そこで村川は幸と出会い、生まれてから手にすることのできなかった幸福と楽しさに浸るようになる。
 
やがて中松組から阿南との抗争は手打ちになったと村川達に伝えるが、その直後に中松組は他の組によって壊滅してしまう。そしてついに魔の手は村川達にも手を出し始めた。次々に消されいく仲間を見て不審に思った村川は高橋の元へ訪れ、問い質そうとするが、そこに居たのは手打ちを打ったはずの阿南組だった。途端に阿南組は村川達に向けて発砲するが村川だけは動じず、持っていた拳銃で彼らを銃殺し、高橋を連れ出す。村川の激しいの末、高橋は事の真実を全て白状した。
 
実は北島組は北海道の抗争に備えて、阿南組と手を組もうと考えていたのだ。だが兄弟分でもある中松組が阿南組と抗争をしていたため、なかなか手を打つ事ができなかった。そこでその抗争をきっかけにして阿南組と手を組み、中松組を潰そうと動き出した。村川達を沖縄ヘ送ったのは中松組を誘き出す為のおとりだったのだ。そして用済みになった村川達も中松同様、口封じの為に消そうとしていたのだ。
 
真実を知った村川は怒りが収まらず、高橋を手榴弾で爆死させ、今度北島組は阿南組に会いに沖縄ヘ上陸する事を知り村川は生き残った組員から軍事用マシンガンを手に取り、北島組と阿南組の待つ決戦の場ヘ向かう。
 
==出演者==
匿名利用者