「カルバニア物語」の版間の差分

m
== 主な登場人物 ==
=== カルバニア王国の人々 ===
==== カルバニア王家関連主人公 ====
; エキュー・タンタロット
: カルバニア王国に2つある公爵家の一方「タンタロット家」の息女。公爵令嬢にして跡継ぎ。母がエキュー出産時に亡くなり、父が後添いを貰うのを拒否したため、長く一人っ子として育つ。女王タニアの乳姉妹で幼馴染。金髪碧眼で美貌の持ち主だが、幼少期から活発で喧嘩好きであり、自分らしさを貫く人物として描かれている。成長してからも、普段は男装し活発に駆け回っている。喧嘩と剣は強いが、弓の腕はひどい。動きにくいドレスが苦手だが、必要な時には着飾って社交を行う。クロスチアで教育を受け、公爵になることを強く望み努力してきた。保守的でエキューの爵位継承に反対していたタキオ・バスクからも、「公正で勇気があって努力家」と評される。幽霊などのオカルトが大の苦手。胸が全くないのがコンプレックス。かわいい女の子が好きだが、同性愛者ではない。恋愛に興味がなかったが、急に恋愛熱が盛り上がり、子供時代に因縁のあったライアン・ニックス公爵と恋人同士になった。結婚願望はない。STORY48でタンタロット公爵家を継承し、王国初の女公爵となる。
 
; タニア・カルバニア
: カルバニア王国第21代国王にして初めての女王。即位時はまだ16歳であった。若い女君主として苦労しつつ、悩みながらも持ち前の明るく前向きな性格で乗り切っている。過酷だった幼少期から、家族への愛情が深いと同時に、それに溺れない大局的視点を持ち、誇り高く意志が強い人物として描かれている。母親の命を救う代わりに、自ら王室から追放した過去を持つ。エキューとは乳姉妹かつ幼馴染みであり、女王となった現在でもプライベートでは気の置けない女友達として親しく付き合っている。両親を失い支え手がないことを心配され、公爵家のライアンと引き合わされ、父や兄のような存在として慕っている。セピア色の髪に黒い瞳、Dカップ巨乳の持ち主で、美貌で知られた母に似ている。結婚に関しては非常に冷めており、仕事の一つと考えている。ほとんどの人間に寛容でフレンドリーだが、エキューを慕う美女アナベルとは仲が悪い。
 
==== カルバニア王家関連 ====
; タニア・カルバニア
: 上記参照。
; リカルド・カルバニア
: タニアの父で先代のカルバニア王。カリスマ性があり国民からの人望も厚かったが、タニアが12歳の時に若くして病死する。プラティナと結婚する前に相愛の婚約者がいたが、病気で亡くしている。
; アナベル・サラザン・ホーリー
: ライアンとは遠縁で、同じ赤毛の美女。貧乏貴族の娘だが、血筋はいい。エキューに恋に似た憧れを持っており、ライアンとは犬猿の仲。幼い頃ねえやが男にだまされ自殺したことや母親の教えから、男を信じていない。母親から貴族令嬢としての婚活テクを仕込まれており、玉の輿を目指していた。着飾ることが好き。幽霊を怖がらないことやタニアに似た容姿がナジャルに気に入られ、アナベル自身もエキューの側にいたかったため側仕えとなり、準王族扱いになった。実際のところナジャルの愛人ではない。
 
==== タンタロット公爵家関連 ====
; エキュー・タンタロット
: [[#主人公]]を参照。
: カルバニア王国に2つある公爵家の一方「タンタロット家」の息女。公爵令嬢にして跡継ぎ。母がエキュー出産時に亡くなり、父が後添いを貰うのを拒否したため、長く一人っ子として育つ。女王タニアの乳姉妹で幼馴染。金髪碧眼で美貌の持ち主だが、幼少期から活発で喧嘩好きであり、自分らしさを貫く人物として描かれている。成長してからも、普段は男装し活発に駆け回っている。喧嘩と剣は強いが、弓の腕はひどい。動きにくいドレスが苦手だが、必要な時には着飾って社交を行う。クロスチアで教育を受け、公爵になることを強く望み努力してきた。保守的でエキューの爵位継承に反対していたタキオ・バスクからも、「公正で勇気があって努力家」と評される。幽霊などのオカルトが大の苦手。胸が全くないのがコンプレックス。かわいい女の子が好きだが、同性愛者ではない。恋愛に興味がなかったが、急に恋愛熱が盛り上がり、子供時代に因縁のあったライアン・ニックス公爵と恋人同士になった。結婚願望はない。STORY48でタンタロット公爵家を継承し、王国初の女公爵となる。
; カイル・タンタロット
: エキューの父。妻プリシラと娘エキューを深く愛しており、亡き妻が残した一人娘を軽んじる周囲に反発し、エキューを初の女公爵にしようとクロスチアに留学させ、後を継げるように活動していた。温厚な人柄で有能な国の重鎮である。エキューの公爵家継承により隠居。妻の死後は長く独身を通していたが、年下のナタリー・ホーンと再婚した。
; ジャンヌ
: タキオやフランといったバスクの領主一族が住む館のメイド長で、代々タキオの家に仕える。バスクの女主人になったアンヌをよく思っていなかった。
 
==== ホルグ領関連 ====
タンタロット公爵家領。
4,969

回編集