メインメニューを開く

差分

m
用語
[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]、[[会津]]地方は後の[[会津若松市|会津若松]]である'''黒川'''を本拠とする戦国大名の[[蘆名氏|蘆名家]]の領国であった。蘆名氏は会津守護を自称して勢威をふるったが、後継者争いや家臣団の権力闘争など内紛を繰り返して次第に衰微し、[[天正]]17年([[1589年]])6月5日に[[蘆名義広]]が[[摺上原の戦い]]で[[伊達政宗]]に大敗して<ref name="会津藩10">野口『シリーズ藩物語、会津藩』、P10</ref> 義広は実家の[[常陸国|常陸]][[佐竹氏|佐竹家]]を頼って落ち延び、ここに蘆名家は滅亡して会津は政宗の支配下に入り<ref name="会津藩11">野口『シリーズ藩物語、会津藩』、P11</ref>、政宗は黒川を新たな本拠とした。
 
天正18年([[1590年]])7月に[[小田原征伐]]で[[後北条氏|北条家]]を滅ぼした[[豊臣秀吉]]は、8月9日に会津黒川に入って[[奥州仕置]]を行なう。政宗は小田原征伐に参陣していたものの、前年の合戦が秀吉の出した[[惣無事令]]違反と見なされて会津地方及び周辺地域は政宗から没収された<ref name="会津藩12">野口『シリーズ藩物語、会津藩』、P12</ref>。秀吉は仕置において検地や[[刀狩]]、寺社政策など諸事を定めて帰洛し<ref name="会津藩12"/>、会津には[[蒲生氏郷]]が42万石で入することとなった<ref name="会津藩14">野口『シリーズ藩物語、会津藩』、P14</ref>。後に検地と加増で氏郷は92万石<ref name="会津藩14"/> を領有することになる。
 
氏郷は[[織田信長]]にその非凡な才能を評価されて信長の次女・[[相応院 (蒲生氏郷正室)|相応院]]を正室に迎えることを許され、信長没後は秀吉に従い[[伊勢国|伊勢]]松坂に12万石の所領を得ていた人物である<ref name="会津藩13">野口『シリーズ藩物語、会津藩』、P13</ref>。秀吉も氏郷の才能を認め、[[東北地方|東北]]の伊達政宗や[[関東地方|関東]]の[[徳川家康]]を抑える枢要の地に大領を与えて入封させたのである<ref name="会津藩14"/>。
12,294

回編集