「河野通忠」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''河野 通忠'''(こうの みちただ、[[文永]]5年([[1268年]])-) - 没年不詳)、[[鎌倉時代]]後期の武士。[[伊予国]]の[[河野通有]]の子。通称は八郎。
 
[[弘安]]4年([[1281年]])の[[弘安の役]]では、14歳で父とともに従軍して奮戦する。通有父子と戦った[[竹崎季長]]が描かせた『[[蒙古襲来絵詞]]』には「嫡男 河野の八郎」として登場している。後に[[風早郡]]河野郷柚木谷を領有した。
== 関連項目 ==
* [[三島神社 (臼杵市)|三島神社]] (大分県臼杵市)
 
 
 
{{DEFAULTSORT:こうの みちたた}}
[[Category:鎌倉時代の武士]]
[[Category:河野氏|みちたた]]
[[Category:鎌倉時代の武士]]
[[Category:水軍]]
[[Category:元寇の人物]]
[[Category:蒙古襲来絵詞]]
[[Category:伊予国の人物]]
[[Category:1268年生]]
[[Category:14世紀没]]
[[Category:元寇の人物]]