メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''ハリガネムシ'''(針金虫)とは[[類線形動物門]]ハリガネムシ綱(線形虫綱)ハリガネムシ目に属する生物の総称。
 
[[ミミズ]]や[[線虫]]などと違って体に伸縮性がなく、のたうち回るような特徴的な動き方をする。体は左右対称で、種類によっては体長数 cmから1 mに達し、直径は1 - 3 mmと細長い。内部には袋状の[[体腔]]がある。表面は[[クチクラ]]で覆われていて[[体節]]はない。また、クチクラで覆われているため乾燥すると[[針金]]のように硬くなることからこの名がついた
 
[[カマキリ]](主に[[ハラビロカマキリ]]に寄生)や[[バッタ]]、[[カマドウマ]]、[[ゴミムシ]]、[[コオロギ]]等といった[[昆虫]]類の[[寄生虫]]として知られている。地方によっては「ゼンマイ」とも呼ばれる。アメリカでは[[ウマ|馬]]を洗う水[[桶]]の中から発見されたことから''horsehair worm''という[[俗称]]がある。
匿名利用者