「黒部川」の版間の差分

編集の要約なし
m (リンク切れ)
編集の要約なし
富山県と[[長野県]]の境、[[飛騨山脈|北アルプス]]の[[鷲羽岳]](わしばだけ)に源を発し、おおむね北へと流れる。川全体の8割は深い山地を穿ちながら流れ、[[黒部峡谷]]と呼ばれる。[[黒部市]][[宇奈月町]][[愛本橋]]付近で山地を抜け、広さ1.2万haの[[黒部川扇状地]]<ref>[http://www.kitanippon.co.jp/pub/hensyu/2001/21c/chap10/162.html 北日本新聞『立山・黒部 世界へ発信』]</ref><ref>他に大型扇状地として[[那須野が原]]扇状地(4万ha)、[[奥州市#地理|胆沢扇状地]](2万ha)などがある。</ref>を流れる。この[[扇状地]]は黒部市、[[入善町]]にかけて広がり、その地形は海中にまで広がっている。黒部川の豊富な水量でこの扇状地は湧き水が多く、[[黒部川扇状地湧水群]]として[[名水百選]]のひとつにも選ばれている。本流は河口付近では黒部市と入善町の境界となり、[[日本海]]へと注ぐ。
 
富山県のいわゆる「七大河川」の一つで、これは東から黒部川、[[片貝川]]、[[早月川]]、[[常願寺川]]、[[神通川]]、[[庄川]]、[[小矢部川]]である)の一
 
== 流域の自治体 ==
16,054

回編集