「ベトナム」の版間の差分

編集の要約なし
ベトナムは長い歴史の中、[[中国]]歴代王朝から繰り返し支配と侵略を受けた。[[紀元前111年]]から約1000年のも間、中国歴代王朝はベトナムを支配下に置いたが、[[938年]]に[[呉権|ゴ・クェン]](呉権)が[[白藤江の戦い (938年)]]で[[南漢]]軍を破って独立を果たした。この間、[[1世紀]]にベトナムで初めて[[後漢]]の圧政に立ち上がった[[徴姉妹|ハイ・バー・チュン]](チュン姉妹)は英雄視されている。また、[[大元ウルス]]の侵攻に対して[[陳興道]]率いる[[陳朝]]ベトナム軍が[[白藤江の戦い (1288年)]]で勝利した。15世紀初頭に[[明|明朝]]の[[永楽帝]]にベトナムが支配された際にも、[[1418年]]に[[黎利|レ・ロイ]](黎利)の蜂起により、明軍を撃破し、[[黎朝]]を建国している。13世紀-19世紀に中国の[[漢字]]をベースとした[[チュノム]]がエリート層を中心に浸透したが、一般庶民までは浸透しなかった。
 
[[ベトナム戦争]]では[[北ベトナム]]は[[中華人民共和国]]から支援を受けていたものの、南北ベトナム統一後は中国は[[ニクソン大統領の中国訪問]]で接近した米国とともに支援する親中派の[[民主カンボジア|民主カンプチア]]を支援し、対する親ソ派のベトナムによる侵攻([[カンボジア・ベトナム戦争]])を巡って[[1979年]]に中国との大規模な戦争を起こし([[中越戦争]])、[[1989年]]までたびたび交戦([[中越国境紛争]])をしている状態であった。
 
[[File:Vietnam claims Paracel and Spratly islands.JPG|thumb|250px|『[[西沙諸島]]・[[南沙諸島]]はベトナムのもの』({{lang|vi|Hoàng Sa, Trường Sa là của Việt Nam}})と主張するキャンペーン。<br/>([[2013年]]、[[ホーチミン市]][[統一会堂]]にて)]]