「河出文庫」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
海外文学に、[[ジェイムズ・ジョイス]]や[[イタロ・カルヴィーノ]]など、玄人好みの作品が入っているのも特色である。1990年と、2005年に装丁を一新した。
 
姉妹レーベルとして、性風俗・[[セクソロジー]]を中心に扱う「河出i文庫」(かわであいぶんこ)<ref>[http://www.kawade.co.jp/np/search_result.html?mgen_id=97]</ref>、雑学を中心に扱う「KAWADE夢文庫」(かわでゆめぶんこ)<ref>[http://www.kawade.co.jp/np/yume.html]</ref>がある。
 
ちなみに1950年前後の河出書房時代に、[[猪熊弦一郎]]装丁で刊行されていた。新版が「河出市民文庫」として一部カバー付で刊行されていた。なお[[澁澤龍彦]]の文庫デビュー作は、1954年に出されたサド短編集「恋の駈引き」である。1957年に一度目の経営破たんで刊行終了(二度目は1968年)。またカバーを付けたのは[[坂本一亀]]のアイデアでこの文庫判が最初である。
 
現行の文庫判に引き継がれた書目は(年月を経て、性格を大きく変えている事もあり)無いが、何点かは[[新潮文庫|新潮]]・[[角川文庫|角川]]の各文庫や、初期の[[講談社学術文庫]]で再出版された。
186

回編集