「スロットマシン」の版間の差分

m
External link with two brackets → one bracket ∵Check Wikipedia ID86
m (External link with two brackets → one bracket ∵Check Wikipedia ID86)
=== リバティ・ベルと3リールマシンの台頭 ===
[[ファイル:liberty bell.jpg|thumb||right|200px|チャールズ・フェイが開発したリバティ・ベル]]
1898年、アメリカのカリフォルニア州[[サンフランシスコ]]でスロットマシンの開発を行っていたドイツ系移民のチャールズ・フェイ (Charles August Fey 1862-1944) は、3つの回転輪を持ち、ゲーム結果の判定及び賞金の払い出しを自動的に行う機能を備えた初めてのリールマシン「カード・ベル」を発明した。翌1899年、フェイはそのメカニズムを搭載した「リバティ・ベル」機をサンフランシスコのサルーンに設置して売上を折半する営業方法を採り、大きな成功を収めた。フェイはこの機械を販売しなかったため、そのメカニズムの秘密は長い間明らかにされなかったが、1905年、あるサルーンに設置されていたリバティ・ベル機が何者かによって盗み出される事件があり、その後に、当時のスロットマシンメーカーの最大手であるミルズ社より、「ミルズ・リバティ・ベル」という名の、フェイの発明に酷似するリールマシンが売り出された。ミルズ社はその後も精力的に類似のリールマシンを開発、販売し、他のスロットマシンメーカーもこれを模倣した製品の製造を始めたため、フェイが独占していた頃にはサンフランシスコに留まっていた3リールのリールマシンは全米を席巻するようになり、やがては世界に広まることとなった。フェイの「リバティ・ベル」が規定したリールマシンの基本要件は、現代に至ってもなお変わらないエポックであるとして、サンフランシスコにあったフェイの工房の跡地には、現在、カリフォルニア州が認定する937番目の史跡として記念碑が建てられている。<ref>カリフォルニア州歴史保存局(Office of Historic Presrvation)のウェブページ[[http://ohp.parks.ca.gov/?page_id=21482]]</ref>
 
=== シンボル(絵柄)の変遷 ===
23,966

回編集