「公孫淵」の版間の差分

編集の要約なし
'''公孫 淵'''(こうそん えん、Gongsun Yuan、生年不詳 - [[238年]]([[景初]]2年8月23日))は、[[中国]][[三国時代 (中国)|三国時代]]の武将。[[字]]は'''文懿'''か。祖父は[[公孫度]]。父は[[公孫康]]。叔父は[[公孫恭]]。兄は[[公孫晃]]。子は[[公孫修|公孫脩]]
[[遼東郡|遼東]]の地で自立し[[燕国|燕]]王と称したが、[[魏 (三国)|魏]]の[[司馬懿]]によって追討され滅んだ。
 
なお、[[西晋]]代に編纂された史書『[[三国志_(歴史書)|三国志]]』では、西晋の高祖司馬懿の[[避諱]]により、字が省略されている。また、[[唐]]代に編纂された史書『[[晋書]]』では、唐の高祖[[李淵]]の避諱により'''公孫文懿'''と表記されている。
 
== 生涯 ==
父が死去したときはまだ幼年であったため、後を継ぐことはできなかった。年([[228年]])、やがて成人すると、父の後を継いで[[太守]]となっていた叔父を脅迫して、遼東太守の座を継いだ。この時、魏の[[曹叡]](明帝)から揚烈将軍の官位を与えられている。
 
その後、公孫淵は魏と通じつつ密かに[[呉 (三国)|呉]]とも通じるなど、巧みな外交を見せている。この経緯から年([[233年]])、呉から燕王に任じられた。しかし、後に心変わりして呉の使者として来訪した張彌・許晏・賀達らを殺害し、その首を魏に差し出した。この功績により、[[大司馬]]・[[楽浪]]公に任じられている。
 
=== 燕王を称す ===
{{Main|遼隧の戦い}}
しかし、こうした公孫淵の二枚舌外交は、魏の強硬政策を招いた。
同年8月23日、公孫淵父子をはじめ廷臣は皆斬首、更に遼東の成年男子7000人も虐殺された。その首は高く積まれ[[京観]](高楼)と呼ばれたという。また公孫淵の首は[[洛陽]]に送られた。このことで、洛陽に留まっていた兄の一族も[[賜死|死を賜る]]ことになってしまい、遼東公孫氏は滅亡することとなった。なお、追放された叔父は反乱の際に疑われ都に幽閉されていたが、司馬懿から忠士であると評価され、反乱鎮圧後に釈放されたという。
 
== 倭との関係 ==
公孫氏滅亡が、[[邪馬台国]]の[[卑弥呼]]が帯方郡(魏)に使を派遣することにつながった、との見方が有力である。これは当時の公孫氏政権が事実上の自立状態にあり、邪馬台国をはじめとする東方諸国の使者を遼東に留めて、自らへの朝貢をさせていたため、滅亡により陸路が通じるようになったという見解に基づくものである。
 
 
== 注釈 ==
 
<references />
 
匿名利用者