「石原式色覚異常検査表」の版間の差分

m
(122.219.67.219 (会話) による ID:59786253 の版を取り消し 意匠は「2」であり謎ではない)
m (→‎問題点・批判: 誤字修正)
== 問題点・批判 ==
石原表の技術が優れており、色覚異常の検出という目的に非常に有効であることは誰もが認めており、異論はほとんどない。だが、この表の運用に際し、様々な問題点があり、批判にさらされることも多くなっている。例えば、
* 本来色覚検査の結果と職業適性は別個にとらえられなくてはならないにも関わらず、この石原表の判定のみで就職に際し差別が存在した。
* 学校での強制検査の結果、[[遺伝]]である色覚異常をみんなの前で非難され傷ついたり、プライバシーを侵害されたりした。
これらの問題は、この表が日常生活にほとんど支障のない程度の色覚異常まで検出した点からきている部分が大きい。
2,527

回編集