「ガンマ線天文学」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 主な観測装置 ==
* [[γ線]]領域を観測するためには、[[光電子管]]や[[マイクロチャンネルプレート]]を、大気中に向けてγ線から生じる反応光を測定したり、反応から生じるチェレンコフ光などを観測する。
* 鉛[[ガラス]]を取り付けた検出器を載せた観測装置を、[[気球]]や[[人工衛星]]に搭載して直接観測する。
* γ線スペクトル測定を目的とした専用の検出器を、気球や人工衛星に搭載して直接観測する。
34

回編集