「イツハク・ラビン」の版間の差分

{{thumbnail:ノーベル賞受賞者|1994年|ノーベル平和賞|中東へ平和を築く努力に対して<ref>"[http://nobelprize.org/nobel_prizes/peace/laureates/1994/ The Nobel Peace Prize 1994]" NobelPrize.org</ref>}}
{{thumbnail:end}}
イスラエル国防軍退役後は外交官となり、1968年から[[駐アメリカ]][[特命全権大使]]を務めている。1973年にはイスラエル労働党より出馬し当選、イスラエル国会議員・労働大臣となる。1974年に労働党党首となり[[ゴルダ・メイア]]の跡を継ぎ、いでイスラエル首相となった。1977年に首相辞任。
 
ラビンは1984年から1990年まで国防相を務め、その間に体験したパレスチナ人の抵抗([[第1次インティファーダ]])に衝撃を受ける。1992年に再度、首相に就任する。アラブ側との和平を進め、1993年に[[オスロ合意]]に調印1994年には[[w:Israel–Jordan peace treaty|ヨルダンとの平和条約]]に調印するしたラビンのこの功績により[[ヤーセル・アラファート|ヤーセル・アラファト]]、[[シモン・ペレス]]と共に[[ノーベル平和賞]]を受賞した。
 
1995年11月4日テルアビブで催された平和集会に出席したが和平反対派のユダヤ人青年[[イガール・アミル]]から至近距離より銃撃され死亡した。
[[Image:Kikar rabin.jpg|thumb|イツハク・ラビンの暗殺現場([[ソロモン・イブン・ガビーロール|イブン・ガビーロール]]ストリート)]]
これによりユダヤ人民族間の和平への道は断絶され、イスラエル内の言論は右傾化の流れを強めることとなった。
匿名利用者