「ヴィブラフォン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
*[[イタリア語|伊]]:Vibrafono
=== 発音 ===
通常の鉄琴や木琴と同様、[[ピアノ]]の鍵盤の順番に並べて置かれた音板を[[ばち]]([[マレット (打楽器)|マレット]])で叩いて音を出す。普通用いられる鉄琴よりも大きく低い音の出る音板が用いられる。[[マリンバ]]同様に音板の下に[[共鳴]]管が並んでいる。共鳴管の上端に丸いはねを設置し、このはねを[[電気]][[モーター]]によって回転させるとはねが管の上端を閉じたり開いたりして、振動の共鳴管への伝わり方が増減する。それによって共鳴管の共鳴量が変化し、[[音量]]が増減を繰り返し、音のふるえ([[ヴィブラート]])を起こす。楽器の名称はここから来ている。
=== はね ===
はねの回転の速度は変化させることができ、また、停止して演奏することもある。音の余韻をコントロールするダンパー[[ペダル]]によってロングトーンを演奏する事が可能で、マリンバや木琴と大きく異なる機能である。ヴィブラフォンがVibraphoneと呼ばれるのは、このロングトーンによる残響・共振(ヴァイブレーション)に起因するとも言われている。ダンパーペダルを踏むと装置が離れ、離すと装置が音板に触れ、残響を止める。
*[[スタジオ49]]<ref>[http://www.studio49.de/en/ studio49]</ref><ref>4オクターブタイプあり</ref>
*[[アダムス_(楽器メーカー)|アダムス]]<ref>[https://secure.adams-music.com/shop/product/detail/?id=2VBC0 adams]</ref>
*[[こおろぎ社|コオロギ]]<ref>[http://www.korogi.co.jp/product/vibraphone/vibraphone.html korogi]</ref>
 
=== すでに生産を終えたメーカー ===
匿名利用者