「チューブラーベル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
|}}
{{Portal クラシック音楽}}
'''チューブラーベル'''(''Tubular Bells''、[[英語]]ではテュービュラーベルズと[[複数形]]が必須)は、[[打楽器]]、[[体鳴楽器]]に分類される金属製打[[楽器]]。
'''チューブラーベル'''(テュービュラーベル)は、[[打楽器]]、[[体鳴楽器]]に分類される[[楽器]]で、教会などで見られるような[[鐘]]を、コンサートの[[舞台]]で演奏しやすいように、ひとつひとつの鐘を管状(チューブラー)にして、[[ピアノ]]の[[鍵盤 (楽器)|鍵盤]]の順番と同様に並べて吊るした楽器である。[[1867年]]に発明された<ref>H.ベルリオーズ・R.シュトラウス、広瀬大介翻訳『管弦楽法』音楽之友社、[[2006年]](訳注部分)</ref>。単に「チャイム」や、「コンサートチャイム」「シンフォニックチャイム」などとも呼ばれる。日本国内においては、「[[NHKのど自慢]]の鐘」と言うと馴染みがある向きも多い。
 
== 形状 ==
'''チューブラーベル'''(テュービュラーベル)は、[[打楽器]]、[[体鳴楽器]]に分類される[[楽器]]で、教会などで見られるような[[鐘]]を、コンサートの[[舞台]]で演奏しやすいように、ひとつひとつの鐘を管状(チューブラー)にして、[[ピアノ]]の[[鍵盤 (楽器)|鍵盤]]の順番と同様に並べて吊るした楽器である。[[1867年]]に発明された<ref>H.ベルリオーズ・R.シュトラウス、広瀬大介翻訳『管弦楽法』音楽之友社、[[2006年]](訳注部分)</ref>。単に「チャイム」や、「コンサートチャイム」「シンフォニックチャイム」「オーケストラベルズ」などとも呼ばれる。日本国内においては、「[[NHKのど自慢]]の鐘」と言うと馴染みがある向きも多い。
 
== 特徴・音域など ==
* [[ドミートリイ・ショスタコーヴィチ]]:[[交響曲第11番 (ショスタコーヴィチ)|交響曲第11番「1905年」]] 第4楽章「警鐘」
* [[マルコム・アーノルド]]:序曲「ピータールー」
<!--* [[ピョートル・チャイコフスキー]]:[[序曲1812年]]<ref>楽譜上の指定は本物の鐘だが、用意できないオーケストラが多くチューブラーベルで代用されることも多い</ref>
* [[水野修孝]]:[[交響的変容]] 史上初の10本の使用を指示した作品。
楽譜上の指定は鐘、チューブラーベルは代用
-->
* [[冨田勲]]:[[イーハトーヴ交響曲]] 第5楽章「銀河鉄道の夜」
 
* [[ジョン・フィリップ・スーザ]]:[[行進曲「自由の鐘」]]
* [[ハーバート・オーエン・リード|ハーバート・オーウェン・リード]]:交響曲「[[メキシコの祭り]]」
* [[フランツ・レハール]]([[鈴木英史]]編曲):喜歌劇「[[微笑みの国]]」セレクション<!--ref>原曲は管弦楽編成--</ref>
* [[パーシー・グレインジャー]]:[[リンカンシャーの花束|リンカーンシャーの花束]]
* [[ジェイムズ・バーンズ (作曲家)|ジェイムズ・バーンズ]]:[[交響的序曲]]
* [[金田真一]]:カプリス
* トーマス・ゴーガー(Thomas Gauger):「ゲインズボロー」-5人の打楽器奏者のための- ''"GAINSBOROUGH" for 5 Percussion Players''
* [[伊藤康英]]:[[バリ島]]からの[[幻想曲]] '84
 
; [[ロック (音楽)|ロック]]
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
<references/>
 
== 関連項目 ==
* [[STVラジオ]]、[[アール・エフ・ラジオ日本]] - [[時報]]音に使用
* [[ウェストミンスターの鐘]]
 
{{オーケストラの楽器}}
{{打楽器}}
 
{{Musical-instrument-stub}}
{{Normdaten}}
{{DEFAULTSORT:ちゆふらへる}}
[[Category:旋律打楽器]]
匿名利用者