「栗田氏」の版間の差分

 
== 信濃栗田氏 ==
信濃栗田氏は、[[北信地方]]の武家氏族のひとつ。[[本姓]]は[[源氏]]。[[家系]]は[[清和天皇]]を祖とする[[清和源氏]]一系統 [[河内源氏]][[源頼清|頼清流]][[信濃村上氏|村上氏]]ので、[[村上為国]]の子寛覚が[[戸隠神社|顕光寺]](延暦寺系山門派)別当となり[[信濃国]][[水内郡]](のち[[上水内郡#郡発足までの沿革|上水内郡]])[[栗田 (長野市)|栗田村]]に住居して栗田氏となった。[[鎌倉時代]]から[[室町時代]]までは[[善光寺]]([[園城寺]]系寺門派)[[別当]]職をも世襲し、犬猿の関係にあった筈の両社を支配下に置く有力[[国人]]となる<ref name="ota2187">太田亮前掲書(角川書店、1934年)2187頁以下参照。</ref>。
 
* [[治承]]4年([[1180年]])9月7日に信濃国市原(現在の長野市[[若里]]、[[市村神社]]南面の[[犀川 (長野県)|犀川]][[渡河]]地域と考えられている)付近で[[市原合戦]]が行われた。[[平家]]に味方する信濃([[中野市]]笠原)の豪族・[[笠原頼直|笠原平五頼直]]が[[源義仲]]討伐のため、木曾への侵攻を企てた。それを察した源氏方([[信濃源氏]]の名門[[井上氏]]の一族)の[[村山義直|村山七郎義直]]や栗田寺別当大法師範覚(長野市[[栗田 (長野市)|栗田]])らとの間での戦闘だが決着がつかなかった。この後木曽方が参戦し笠原氏方には越後から[[城氏 (平氏)|城氏]]が大軍を率いて加勢に駆けつけて[[横田河原の戦い]]に発展した<ref name="ota2187"/>。
15,182

回編集